So-net無料ブログ作成

TarO&JirO再始動 [TarO&JirO]

タロジロの公式サイトがリニューアル>>http://tarojiro.com/

というのも彼ら、3月いっぱいでメジャーを離れたんですね。
デザイン、前よりいいよね。シンプルで読みやすくて格好いい。
前のはライブ予定が見辛かったので・・・

いちファンとしてはインディーズだろうがメジャーであろうがどちらでもいいのよ。
元気に音楽続けてライブやってくれれば。

ただマネジメントも自分たちで、という点に不安はある。
ライブのブッキングとか、その他もろもろ発生する雑事。
家族がサポートするにしても限界があるだろうし、まだ人を雇える状況ではないだろうし。
機材積んでの車移動とかね。
ジロさんはよ免許とりなはれ。
というか、彼らには音楽に専念してほしいのだ。

まあここでそんなこと言っても仕方ないか。
余計なお世話と言われそうだし。
せいぜいCDやらグッズ買って、布教に勤めまする。

tarojiro-1.png

リニューアル前のただいま掃除中画像。
oが一個多い。笑
nice!(0)  コメント(2) 

Piranha Tour 2015 [TarO&JirO]

2015年3月14日

で、実は行く予定ではなかった大阪公演も行ったのよね、ピラニアツアー。
3週間休みなしで働いたダンナが、この日は休みになるかな~、と思って。

そうしたら終わらなくてこの日も仕事だ、っていうので
「あー、じゃあ大阪行ってもいい?」
「うん、行きたいなら行っておいで~」

ダンナから後光が差して見えた。笑


昨日あれだけ「明日は行けないんだよね~」とか皆に言っておいて、シレッと新幹線に乗っちゃったわけよ。
会場で散々「あれ?」というリアクションされましたよ、ええ。

名古屋の会場よりもうちょっと広いのかな。横長。
でセッティングごとに幕がしまる。
べつに開けっ放しでもいい気がするんだけど。
演者のほうはどちらがいいのかな。

セトリ・・・曲は同じだったけど、順番が大幅に違ってた。
この日は二人の真ん中くらいでやや前よりに陣取る。いい感じでふたりの姿が見れた。
で、ふたりとも同じ衣装だったんだけど、あれ洗ったのかな・・・乾いたからいいや的なアレだろうか・・・
うん、まあこっちまでニオイは届かないので構わないけどね!

大阪だから菊正宗に突っ込みが入るかなぁ、と思ったけど入る前にジロさんからのアピールがあった。
あとちびっこファンがこの日は多くて、曲間に「いいよー!いいよー!」って言ってる子がいたのさ。
でふたりも「いいよ?」と気にしてたらその子の親御さん曰く「ジロー!って言ってるんです」とのこと。
しかもタロさんの真ん前で。笑
タロさん「ジローファンはジローの方に行って!」と苦笑い。

小さな兄弟のお母さん曰く、「子どもはノリノリになることはなくて、食い入るようにジーっと見つめる」んだそうな」。あら、ちょっと恥ずかしい。
でもその子たち、タロジロの大ファンらしく、次がタロジロ!という段になると、後ろの方にいたのにふたりでずんずん前の方に行ってたのよね~将来が楽しみな兄弟だわ~
nice!(0)  コメント(0) 

Piranha Tour 2015 [TarO&JirO]

於 名古屋 ell.SIZE 2015年3月13日

アルバムが出たころは、「なんでレコ発ライブが三か月も先なんだ!」
とぶーたれていたけれど、そこはさすが年の功というかなんというか、あっという間にこの日がやってきた。
やっと!という気持ちと意外と早かった、という気持ちと。

ELLは名古屋ではチョー老舗のライブハウスなんだけど、このell.SIZEは知らなかった。
FITS.ALLはね、一度行ったことあったんだけど。
とてもライブハウスらしい、ライブハウス。
コンパクトでステージ見やすくていいね。
左右にはいかにも「のぼってごらん」と言うようなステンレス?の枠組みもある。
きっとあれにタロさんは上るのであろう、とライブ前の花子談義。
でも舞台上手の客席の柵、グラグラだったので直した方がいいと思います。アブナイ。

この日、午後から予定があったのだけど、朝、なんとわたくし腰を痛めまして。
何したわけでもなく、台所で横歩きしたらグキって。
歩くのは平気だけど、かがんだり座ったりすると痛い。
ライブに行けなくなると困るから、じっとしていて、ライブ前の予定はキャンセル。
ああ、行きたかったのにな~

3時過ぎにはようやく腰の痛みがとれてきて、よかった、これでライブに行ける、とうれしくなって早めに出発。
会場前についたのが5時ちょっと前。

うーん、まだ誰も来ていない(当たり前)。
仕方ない、商店街をぶらつこうか、と角を曲がると、Kちゃんに遭遇。
彼女も時間を持て余して、二度目の会場位置確認に訪れるところだった。
え、じゃあふたりならちょっと前に立って待ってみようか、としゃべっているとすぐに、Made in Asiaのバンが到着(誰が見ても彼らの車だ、とわかる仕様になっております)。
おお、なかなか目立つ車だねぇ、と眺めているとひょい、と扉があいて、あらまあ、ジロさんがお出迎え。
わーい!と手を振る。

やったね、ラッキーと話しているうち、今度はふたりそろって出てきた。
「早いね!寒くない?ああ、でも俺たちのライブであったかくなるからいいか」とタロさん。
むふふ、そうそう。平気だよ。
ふたりとも笑顔で元気そう。まあ、いろいろあったから心配してたけど、この時顔が見れてものすごく安心した。
満足した花子ふたり、近くのカフェでお茶、あーんど腹ごしらえ。
ほかの面々とは別行動になっちゃったけど。



以下 ライブの内容に触れております

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

Sakurazaka ASYLUM 2015 [TarO&JirO]

2015年2月8日 於 桜坂劇場ホールA

はい、ということで沖縄に行ってまいりました。
なにがということなのか。
わたしのツイッターをフォローしている方はご存じかと思うけれど、2/1に高熱が出ましてね。
いわゆるひとつのインフルエンザだったんですよね~
いろいろ思うところあって薬を飲まずに自力で治しました。
水曜の午前中には完全に熱が下がったので、わりと早い回復だったと。
で、周囲には大丈夫なの?と心配されたけれど、かえって睡眠が足りてて元気溌剌だった。
もしかしたら沖縄を満喫するために神様がくれたお休みだったのかも!(をい)

このSakurazaka ASYLUMは、いわゆるライブサーキット。
チケットを買ってパスを見せるとその日やっているライブを自由にみられるという。
このイベントが面白かったのは、ライブハウスやホールだけでなく、街中でも演奏していた点。
外で音楽聴くのって楽しいのよね、何故だか。
周囲のざわめきも音楽のひとつになってて、生っぽいというか。今しかない音になる。

ま、お目当てのTarO&JirOはホールだったけどね。
桜坂劇場は普段は映画館で、かなり大きなホールで、椅子もなかなかいい座り心地。
遠征の花子たちはわたしを含めて8人。
一番前で堪能した。
正直浮いてただろうな~、とは思う。でもそんなことは気にしていないのだ。
沖縄初ライブで、おそらくほとんど宣伝もできなかっただろうわりに、最終的にはお客さんけっこう入っていたみたいだけど、みなさんとってもおとなしく聴いてたみたい。
でもね、ステージ脇にいたスタッフのお兄さん、ノリノリだったよね~ちょっと嬉しい。

セトリ
Outbreak〜ツバメ返し
時限爆音〜つま先

Smells Like Teen Spirit
大人の運動会
Snake Bite〜Silent Siren
Right There
Piranha

攻めのセトリだよね~
Right There はアルバムではドラムが入っているバージョンで、バンドライブのときしか聴けないのかな、と思っていた。先日別のライブでふたりでやったらよかったみたいで、この日も聴かせてくれた。
これ、わたし月曜の朝、仕事の前によく聴いてる。テンションが無駄にあがっていい感じなのだ。
うん、ドラムがないことを忘れるくらいにかっこうよかったな。

楽しかった。楽しかったけど、なんかね、いつもと雰囲気が違った。
特にタロくんが(これはわたしが彼の前に立ってたせいもあると思うけど)なんかいつもと違ってた。
終わった後「タロさんなんか怒ってたのかな?」って言ってた花子さんがいたんだけど、そうじゃなくて。
「怒ってはいないと思うよ~」って答えたんだけど。

まあ、理由は次の日の朝にわかったわけで、まあそれはこれからまだいろいろひと悶着あるのかもしれないので、知ってる人だけ知っていればいいお話。

とにかく彼らが重大決心をしたその場にいられたことは、とてもなんというか、ファン冥利につきるラッキーさだったわけで。
沖縄行きを早々に決めた自分をちょっと褒めてあげたい。

ほかのライブはほとんど聴けなかったんだけど、桜坂劇場の外で歌っていた中村マサトシさんの声がかなりツボでCD買っちゃった。
あとは帰りの飛行機まで新良幸人X下地勇さんのライブをちょこっと。
振り絞るような野太い声が迫力だった。
最後まで聴きたかったなー

もちろん旅行自体も満喫したので、その珍道中(マジでトホホな珍道中だった)は後日アップしまする。
nice!(0)  コメント(0) 

沖縄ー! [TarO&JirO]

タロジロが沖縄初上陸、だそうで。

Sakurazaka ASYLUM 2015

第6弾アーティスト発表!ってのですぐサイトを見たら、ちゃんとタイムテーブルに名前載ってたんだけど、年明けに何故か?になっちゃったのね。
なんでだろ。


沖縄タロジロ初上陸!!水着持ってかないと! we'll gig in Okinawa! "@TeichikuMusic: 【TarO&JirO】沖縄にて開催される「Sakurazaka ASYLUM」に出演決定!! http://bit.ly/18esgFg "

て、タロジロはつぶやいてるんですけどね。
あのね、2月の沖縄の海、けっこう冷たいと思うよ。
おそらく現地の人に「物好きがいる」って思われるよー!

2月の沖縄は天候不順なことが多いそうで、雨が降ったり、風が強いとけっこう寒くて長袖の羽織物は必要みたい。
でも晴れるとそこそこ暑いのだとか。
・・・面倒だなおい。

誰かタロジロにそこんとこちゃんとレクチャーして、無謀ないでたちで上陸しないように言ってほしい。
タロくんは普通に半そでしか用意しない気がする。
ていうか、さすがにこういうときはカバン持つのかな、彼は。
そこんとこ報告してほしい。


------------


沖縄、学生時代に女三人で行ったことがある。
その時のお話。

午後便で那覇に到着。
国際通りをちょっと散策して、感じのいい居酒屋さんを見つけ入った。
泡盛おいしい、ラフテーおいしい、チャンプルーおいしい・・・南国ステキ・・・
大いに盛り上がり、かなり深い話をしていたとき、ナンパをされたわけです。
東京から来た大学生三人組に。

まあね、こっちが盛り上がってるのを見て、チラチラ気にしてるようだったし、なんか言ってくるかな~とは思ってた。
友だちは美人だし。旅先だし。そりゃ声かけてくるよね。
あまりにも盛り上がっていたわたしたち、最初は相手にしていなかったんだけど、しつこく話に入ってこようとするのに根負け。
カラオケに行こうとうるさいので、おごってくれるなら、と居酒屋を後にする。

カラオケ屋に行くと、いかにもこういう場に慣れている感じで楽しく盛り上げてくれる、が、勝手に肩に手を回すなよアホ、とは言わなかったものの、あわよくば自分たちのホテルに連れ込もうという欲望が見え見え。
正直好みでもなんでもない。ほかのふたりも同じ気持ち。
部屋への誘いを断ると今度はこちらの部屋について来ようとする。
もう疲れちゃったから、とやっとのことで断るも、今度は「明日の予定は?」

レンタカーを予約していて万座ビーチにいく予定だったが、面倒くさいので「わからない、未定」と答える。
で、ホテルまで送ってもらって別れたのだが。
朝起きて朝食を食べにレストランへ行くと、三人組が!
うざっ!笑

ひとり昨夜泡盛を飲みすぎた子がダウン気味だったので、「一緒にビーチへ行こう」と誘うもそれを理由に断った。
ちょっとしょんぼり、三人は退散した。

しばらく部屋で休むと、調子の悪かった友人の調子もよくなった、というので万座ビーチに。
わー!と遊んでいたら。

例の三人組に遭遇。笑
万座ビーチ、意外に狭い。
「あれ、来たんだ」「うん、調子がよくなったから」と返事はしたものの、わたしたちのものすごく「面倒だから近づくな」オーラに諦めたというか気分を害した彼らはようやく本当に諦めて去って行った・・・

今思えばちょっとかわいそうだったかなぁ、とは思うけどさ、部屋に連れ込もうってのがね~
普通に楽しく遊ぶだけだったら全然問題なかったのにな。
男は旅先でがっついてはいけませぬ。
nice!(0)  コメント(0) 

FM AICHI 45th Anniversary Special Live [TarO&JirO]

於 Zepp Nagoya 2014年12月24日

招待制のライブ。当たらなくては参加できない。
友だちと会社の若者にも申し込んでもらった。
自分ももちろん。当たった。800組1600名招待のところ、やってきた当選ハガキの整理番号1100番超え。どういうことですか。
ツイッターでつぶやいていたので、直接頼んだ以外にも申し込んでくれた人がおり、もう本当に感謝。
気にかけてくれる人がいてわたしは幸せ者です。
と、言いつつ、結局わたしが最も遅い整理番号だったことに、若干の切なさを覚えたりして。

Uさんが20番台という整理番号を引き当て、譲ってもらった。
本当にありがとうございました。
おかげさまでHanakOふたり、最前列に陣取ることができたのであった。
うーん、でもちょっと端。
ふたりのマイクの位置が、ステージの広さの割には近め。つまり中央にギュッとなってる。
もう少し真ん中に行きたい・・・といつもはヘタレで自分から知らない人に話しかけることのできないわたしだけど、勇気を振り絞り、隣のひとりで来ていた男性に誰のファンですか?と声をかける。
すると誰のファンでもないので、と場所を代わってくれた。
あの男性にも感謝!だいぶんタロくんに近くなった。

フロアモニター(で合ってる?)が並んでいて、ジロくんのキックドラムが全然見えなかったのが残念。
ステージの袖がよく見えたので、HanakOふたり、かなり無口になってそちらを凝視。笑
開始数分前に二人が楽屋口から出てくるのが見え、それだけでもうふたりともウキウキ。
この日はラジオの生中継が入っているので、どうかな、ふたり緊張してないかしら、と思ったけど、まーったくそんな気配もなく、いつのもラフな空気。
でも会場いっぱいのオーディエンスを見て嬉しそうだったな。

出てきてすぐ、ジロくんがキックを蹴ると、想像以上に大きい音がしたのかびっくりした顔でタロくんと顔を見合わせて笑う。
それにしてもステージ広い。奥行がずいぶん余っている。横も・・・
セットがないからちょっと寂しいような。

と、思ったわたしが浅はかでございました。
こいつらどうなんだ~?という雰囲気ムンムンの会場の空気を、
タローからメリクリスマース♪とまずはクリスマスソングで笑いを誘う。
そしてちょっとほぐれた空気を打ち砕いたのがペロレラ・レボリューション。
つかみはわかりやすく。うまいこと会場を自分たちのペースに巻き込んでしまう。
会場の空気がだんだん温まってくるのが背後から伝わってくる。
広いステージをタロくんが動き回る。
下手のほうに行こうとして、モニターにコードがひっかかる場面も。笑
まあでも、ペロレラは初聴でやるコールアンドレスポンスとしてはやっぱ難しいよね。

次はOut Breakからのツバメ返し。攻めるね~
この曲ホント好きなんだよな。
と、間奏の時わたしたちの目の前に出てきてギターを弾いてくれた!
かっ
かっっ・・・うぅ~
涙出そう。今書いてて思い出すだけでも泣ける。
最後はひっくり返って弾いてて、ジロくんが「やってんなー」って感じの表情で見ているという。
うん、ステージ、全然広すぎない。

ここで自己紹介とライブの告知など。
冷静にジロくんがこなしておりました。

最後はSilent Siren。
またもやタロくんが目の前に。こ、殺す気か、君は。
なんであんなふうに指が動くのかなぁ。魔法のようだわ。
ジャンプしたときにおへそが見えた。笑
ギターのリフをちょっと変えたとこがあって、ちょっと驚いた。
この大きな舞台でやっちゃうのね~
この時タロくん若干「へへ」って顔をしてたような気がするんだけど。
いきなりやったのかしら?

照明もすごくて、ストロボたいたときみたいなフラッシングもあった。
あれポケモン事件以来遭遇しなかったけど、ここ数年またよく使ってるライブが増えた気がする。
それにしても、たったふたりであの音あの迫力。
2000人入る会場でもまったく気後れすることのないあの度胸。
さすがわたしが惚れた男たちよのぅ←

そしてあっという間の15分。
ギターはその場に置いて退場。
スタッフさんが全部片づけてた。こういうイベントライブなら当たり前か。
いつもは自分たちで片づけてるからね。

終わってすぐ、後ろから「すごいね!」という声が聞こえてきて無性に嬉しくなる。
もう胸がいっぱいになってしまって、場所を代わってくれた男性にお礼を言っていったん退場。
出ようとしてみれば、本当にすごい人。ぎゅうぎゅう。
これはとてもいいアピールになったよ、きっと。
ライブを楽しもう、という気持ちの人がほとんどだしね。

次の演者が歌っている間、物販の近くでふたりして放心。
言葉少なく茫然と立っている様子、きっと物販の人は不気味だったろうな。
次の→Pia-no-jaC←が始まるころには魂が戻りつつあったので、会場にもどって聴いた。
うん、かっこういいね。これぞライブって感じ。
でもやっぱりどこかわたしの体はTarO&JirOでいっぱいだった。
もうこれ以上音楽は入らない!と→Pia-no-jaC←で締めて会場を後にした。
大満足。とても15分だったとは思えない充足感。
名古屋駅で遠征HanakOさんとまたねバイバイして帰りのバスを待つ。

もう、わたしの2014年おわったぜ。
nice!(0)  コメント(2) 

TarO&JirO 1st Full ALBUM 「Piranha」 発売記念 ミニLIVE & サイン会 [TarO&JirO]

於 タワーレコード京都店、難波店 2014年12月20日

18きっぷが使える時期なのでササッと関西遠征してきた。
まず京都店。
セトリ
Snake bite
Silent siren
Cube
煙 アコーステイックバージョン
ペロレラ・レボリューション

IMG_1577.JPG

IMG_1578.JPG
弟を見つめる兄。リハの時「相方の音を云々」と言ってた。
相方。笑

座ってキックドラム。
IMG_1579.JPG

は足が辛いということですぐに靴を脱いだジロくん。
IMG_1580.JPG

IMG_1581.JPG
何脱いでんの、と笑うタロくん。
このあと中央のテーブル近くに靴をおきっぱなしにしてたんだけど、途中カポタスト(っていうんだよね?)をテーブルに置こうとして落下、ジロくんの靴に入り「やべえ、ジローの臭い靴に入った」
臭いのか。

煙のアコースティックバージョンは先日名古屋パルコでやったのと同じアレンジ(ギターの弾き方が多分最後ちょっと違うけど)。
この間はちょっとイマイチ、って思ったけど、聴き慣れたせいか今回は違和感なく楽しめた。
ペロレラはピラニアバージョンを歌わされ。
無理です。顔面つるわ。

そしてなんばへ移動


nice!(0)  コメント(2) 

TarO&JirO 1st Full ALBUM「Piranha」発売記念 ミニライブ & サイン会 [TarO&JirO]

於 名古屋パルコ西館イベントスペース 2014年12月13日

遠征の花子さんと落ち合い、気合を入れておひるごはんを11時からスタート。
12時すぎにのんびりパルコへ。
店内に入ろうかと思ったけれど、先にどんなところでやるか見たいかな、と西館のほうへ連れて行くと。
え、ギターの音が聞こえてくるんですけど!
なんとすでにセッティング、リハがはじまっていた。早い~

ここでのイベント、まあいつものことなんだけどステージは低いし(おまけに狭い)なんせ屋外なので交通の邪魔になっちゃいけない。よってすんごい目の前で見られるのだ。
しかもリハ中はここから入っちゃいけませんよ、のテープ?すら張られていない。
緩いわ~相変わらず。
イベント参加券に撮影録音禁止と書いてあったけど、いつも通りフリーダムでございました。

とにかくふたりとも寒そう!コート着たまま。
ジロさんが「手が動かない!」とぼやく。
そしてステージの隅にはボックスティッシュが。笑
うん、鼻水出るよねこれだけ寒いと。
ジロさんはtakamineの新しいギター(※未購入 お試し中らしい)。
ホールを塞いでないせいかいつもよりハウっておりました。
タロさんは・・・顔が・・・とにかく寒そうでちょっと笑ってしまった。

そして2時にイベントスタート。
セトリは
Outbreak
ツバメ返し
Snake Bite
Silent Siren
Aneurysm
Superstition
ペロレラレボリューション
煙 アコースティックバージョン
涸れない水たまり
Once in a while

※大人の運動会もやったけどどこでだっけ?

ふたりともやはりコートを着て登場。
タロさんのコートのポッケに財布が。本当にこの人カバン持たないんだな。
んですぐタロさんだけコート脱いでた。
いつも通り動き回ってるからね~そいでもってステージから降りたり。
降りるだけならいいけどガラスに軽くぶつかったりしてちょっとヒヤヒヤ。

そして途中で「誰かティッシュ持ってない?」と言い出すタロさん。
どうやら鼻水が出てきたらしい・・・
ボックスティッシュなんでしまっちゃったの。

煙のアコースティックバージョンはなんかギターのリズムがレゲエっぽい感じがした。ちょびっとね。これはちょっとしっくりこなかったかな~
で、これを歌い終わってから「次Too dark to liveやろうと思ってたけど、アコースティックはダメだ、寒い」とタロさん。
えー!とブーイング。「じゃああと1時間くらいやるか」とかなんとか。

それにしても安定の格好よさ。楽しい。ひたすら楽しい。なにこれ。
体力がもつならずっと飛んでるね、わたし。
そしてアルバム発売のイベントなのに、アルバムに入ってる曲をあんまりやらないってとこがまた好きだわ。わたしもへそ曲がりなのよ。

途中、ジロさんがピックを投げた。
それは直線を描いてわたしめがけて飛んできた!
えーっとね、華麗によけましたよ、わたしってば。
なにこの運動のセンスはないくせに反射神経だけはいいってのは。
わたしに当たって隣の男性がゲット。そのお嬢さんのものになりましたとさ。
うん、よかったよ、ジロくんファンだって言うし。うん。←若干涙目

あ、あとてっきり彼らは忙しくて髪を切る暇もないのかと思っていたが、さにあらず。
ちゃんと切っていたそうな。
お茶の水のイベントのとき、それに気づいた花子さんが確認したそうで。
ああ、見事なわたしの目の節穴っぷり。

そして次はZIPFMの収録。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 

東京襲来 [TarO&JirO]



ああ、もうちょっと早くファンになっていれば、行く算段もできたのに。
これは9月27日のタロジロワンマンライブ。
期間限定公開の動画なので見たい人はお早めにご覧あれ。
MCが対バンしたことあるくせに曲名間違えたり、勝手に帰国子女みたいな説明してるけど。笑

そして関西のレコ発イベントも発表に。

2014年12月20日(土) 14:00 START タワーレコード京都店 イベントスペース
2014年12月20日(土) 17:00 START タワーレコード難波店5F イベントスペース
2014年12月21日(日) 14:00 START タワーレコード神戸店 イベントスペース

この時期だと18きっぷが使える・・・土曜日だけなら2000円ちょっとで追っかけられるのである。
うぎゃー!と騒いでいたらダンナはあっさりと「行けばいいじゃん」。
そーよね、君はそういうよね、うん。
まだ行くかどうか迷ってるけど、多分行くような気がするよ、あたい。
nice!(0)  コメント(0) 

MV連鎖反応 [TarO&JirO]


タロジロの新しいアルバムからCubeのMVが。
先日セントレアの時にハナサブさんが質問したところ、ちゃんとタロさんが実際に運転しているのだとか。
免許ちゃんととってたんだね~タロさん。
んで隣に座っているジロさんは眠くて仕方なかったとのこと。笑

イケメン感をダダ漏れにしたこのMV、でもよくよく見ると、がっつり国内だし、周りを走っている車がさりげなくダサいし、なんとなくいろいろ笑いが込み上げるものが・・・
や、そこらへんがタロジロらしいのでいいのです。

このMVを見て思い出したのがコレ。車に乗ってるつながり。



懐かしい・・・今は亡きCOIL・・・って、いや、ちゃんと活動はしてるけど。
ヨーさんが抜けた時点で、わたしの中のCOILは終わっちゃったのです。
僕はスーパーマン?とか仮免マンとか魔術師コバヤシは、やっぱりヨーさんがいないとなぁ。

そしてもうひとつ思い出したのが長澤くんのRED。



なんで思い出したかって?箱つながりです。笑
わたしが長澤くんにはまるきっかけとなったMV。
いつみてもかっこういい、映画みたい。
箱が壊れる瞬間、毎度「キター!」と思うわたしはきっとアホ。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。