So-net無料ブログ作成

死ぬまでに見たい映画 [映画]

http://www.ustream.tv/recorded/61368537

昨夜もタロジロのユーストがありまして。↑
演奏かっちょいいから見るがいいさ。

で、彼らは映画が好きで「おすすめ映画を教えて!」と言っていたのであれこれ考えだしたら、夜更けにちょっと興奮してきたのだった(映画バカ)。
もしもうすぐ死ぬよ、ってことがわかったら、もう一度見ておきたい映画って何かな~、と考えたりして。

ということで、唐突に最後に見たい10本選。

マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ
CUT
運命じゃない人
81/2
花咲ける騎士道
銀幕のメモワール
ノーマンズランド
愛のむきだし
薬指の標本
バタフライエフェクト


気分によって変わる可能性は大。
でもどれも好きだな・・・

CUTは映画に囚われた男の話なので、音楽の虜になっているタロジロにとっては刺激的な物語じゃないかなぁ、と。
ただこれを見た後ムキムキになりたい欲が倍増しそうな気がするよ。

番組中、タロくんはヴァンゴッホの映画がよかった、と言っていたけど、奇しくも先日のお休みの日に、ゴッホをテーマにした漫画をわたくし読んでおりまして、これがなかなか面白かった。



主役は弟のテオ。
ずいぶんとわたしの知っているゴッホと違う・・・と思ったら。
素晴らしいアナザーストーリーだった。やはり漫画は侮れない・・・





nice!(0)  コメント(0) 

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [映画]

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの新作。
彼のアモーレス・ペロスは面白かったけれど、バベルは全然面白くなかったな・・・
と思いつつ、これまた予告の出来がいいのである。



ヒーロー映画バードマンで一世を風靡した俳優・リーガンは落ちぶれた今、ブロードウェイの劇場で芝居をうち、起死回生を試みる。
かつてドラッグ中毒だった娘とはうまく話せず、降板した俳優の代役は才気にあふれ、その傲慢な態度でリーガンの神経を逆なでする。
はたして無事に初日の幕は上がるのか・・・

ものすごい長回しにびっくり。
インパクト狙いでオープニングに長回しってよくある手法だけど、ほぼ全編長回し(風)。
古い劇場の舞台裏の雰囲気と合うけれど、ここまでする必要あるのかなぁ・・・とは思う。
ただ長回しのついでに時間をひょいと飛び越えるので、テンポはとてもいい。

次第に精神的に追い詰められる主人公と、その幻聴と超能力??に見る側は戸惑いながらも、後半で「ああ、やっぱりそうなんだね・・・」とネタ明かしも。
事態は深刻なハズなんだけど、笑えるシーンも多くて楽しい。

ハリウッドの映画界、映画界を一段下に見ている演劇界の俳優や評論家、SNSに翻弄される大衆。
すべてを痛烈に皮肉っているけれど、厭世的にならず、ラストは力技のファンタジー!
納得の娯楽作なんである。
nice!(0)  コメント(0) 

セッション [映画]



予告がまあ怖いこと怖いこと。
でも面白そうなので初日にいそいそと見てきたのだった。

ニーマンはジャズドラムで有名になろうと野心を抱く若者。
アメリカで随一の音楽学校へ入学し、彼が率いるバンドに入れば将来は間違いなしと称される教師、フレッチャーのバンドへ引き抜かれる。
これで俺の将来は約束されたも同然、と思ったニーマンだったが、フレッチャーの指導は度を超えたものだった。

ニーマンのドラムは技巧はすぐれているけれど、正直楽しくないし心がないし、ジャズでいうところのスウィング、ぜーんぜんしていない。
見ている方もただただ怖いわ辛いわ「血ぃダラダラ流してまで練習する必要があるのか?」「それで本当に音楽をする意味があるのか?」とうんざりする。
鬼教師は生徒を育てているというよりは、その才能を心を、つぶそうとしているようにしか見えない。
そして迎える破綻。

わたしはここで映画が終わるのかな、と思った。
しかしそうではないのがこの映画のキモ。

聴いている凡人には、フレッチャーが違うと言い続けたテンポの違いなぞわからないし、技巧だけに頼った音楽になんの希望があろうか、と思う。
けれどそれを越えたところにこんな景色が広がっていたのか、と驚かされる。

その特別な場所へ到達した者同士、言葉はなくともすべてを許しあえる。
山のように積みあがったわだかまりなど些細なことにすぎないのだ。
そういう場面を観客は目の当たりにし、圧倒される。

やー、でも、フレッチャー、マジで嫌な奴だったぜ・・・
nice!(0)  コメント(2) 

カフェ・ド・フロール [映画]

1969年パリ。ダウン症の息子をひとりで育てるジャクリーヌ。
生活のすべては息子の為、彼が少しでも成長できるように普通校に通わせ、習い事をさせる。
惜しみなくそそぐ愛情。そして息子も母親のことが大好きでしかたないようすだ。

かたや現代のモントリオール。
人気DJのアンドワーヌはふたりの娘と恋人のローズと何不自由ない暮らしを送っている。
しかし時折胸をよぎるどうしようもない不安感にとまどっている。
そしてアントワーヌの元妻キャロルは、未だ離婚の痛手から立ち直れず、不安定なこころのまま日々を過ごしている。

このふたつの物語がいったいどう重なっていくんだろう。
当然見ている側は関連を一生懸命探す。
けれどそれはかなり最後の方でようやくあかされる。しかも唐突に。

その唐突さはきっと観客への衝撃を大きくするためだと思うけれど、ちょっと夢物語すぎてどうも、なぁ・・・
そういうことがあればロマンチックだよな、と思うことは、人間誰しも一度は考えることがあるだろうけど、受け入れがたいというか。
これは謝罪だけで本当に過去の魂が解放されたのか、と考えると。うーん。なんかちょっと納得いかないというか、あまりにもキャロルが気の毒というか。
それが報いだと言われても、なぁ・・・

と、なんともまあすっきりしない映画だった。
とはいえ、ヴァネッサ・パラディの盲目的に息子を愛する母親像は、見応えあり。
そしてダウン症ながらも見事な演技の子役。
ふたりのやりとりは愛情にあふれていて、見ていると思わず笑みがこぼれてしまうほどだった。



nice!(0)  コメント(0) 

アメリカン・スナイパー [映画]

これは、難しい映画だと思う。
見る人によって「反戦映画だ」と思う人もいるだろうし、「人殺しをたたえているだけの好戦映画だ」と思う人もいるだろう。

わたしは・・・映画自体は反戦映画には思えなかった。
戦争を描いているけれど、戦争に行ったことでひとりの平凡な男がどう変化していったか、というドキュメンタリーに近い感触。
主人公は4度のイラク派兵で160人を殺した実在の人物。
時代遅れのカウボーイのような生活を送っていた彼を突き動かしたのは、純粋な愛国心(まあこのテの愛国心とやらにわたしは虫酸がはしるのだが)。
入隊すると、幼いころから父に銃の扱いを教え込まれていた彼はめきめきとその腕を上達させる。

そして派兵。
最初の彼の標的はまだ幼い少年だった。

最初がこんなふうだなんてあんまりだ!と彼は嘆く。
が、大人ならいいのか?その人にだって幼い子どもがいるかもしれない。
自分と同じように身重の妻がいるかもしれない。
弱きものの夫を、父を殺すことには、彼の心は痛まないのか?

もちろんそんなことはなくて、日を追うごとに彼の闇は深くなる。
愛する妻と子の元にもどっても、心はそこにない。
空っぽの夫の姿に妻は絶望を深くする。
除隊してくれと頼んでも、なにかにとらわれたようにまた戦地へ向かう夫。
戦争と言うのは本当にむなしい行為なのだなぁ・・・

闇は深くなるけれど、その一方、彼は心底銃が好きなのだ。
動くものにその弾を命中させることに喜びと恍惚を感じている。
敵方の名スナイパーを射止めた瞬間の彼の表情がそら恐ろしい。


映画は彼が除隊して健全な精神を取り戻し、殺されるところで終わる(ネタバレだけど、最近犯人への判決もニュースになったことだし、問題ない・・・よね?)
彼の葬儀のシーン、静かな熱狂とでもいうべきあの国の人々の姿。
あれにはちょっと背筋が寒くなったというか。
アメリカと言う国は、反戦を訴える人もいるけれど、大多数はやはり戦争が大好きなんだろうな、と思ってしまった。
nice!(0)  コメント(0) 

リトル・フォレスト 冬・春 [映画]

去年夏・秋が公開されていてたのだけれどタイミングが合わず、見逃してしまった。
一応続き物だからどうかな、と思ったが、違和感なくとけこめた。

いち子は一度は都会に出たもののなじめず、故郷の小さな村、小森にもどり、小さな家にひとり暮らしている。
秋の終わり、いち子がまだ高校生の頃に突然失踪した母から手紙が届く。
それまではひたすらに田舎での生活をこなしていたいち子だったが、手紙をきっかけに人とのかかわりあいについて考えるようになる。

幼馴染のキッコやユウ太との交流。
村の人々との交流。
いずれにも重要になってくるのが「食べること」である。
雪深いこの村では、冬をいかに豊かな食で乗り切るか、ということが重要になってくる。
野菜の保存、長期保存する知恵、お漬物やら春に山で積んでくる山菜の始末、限られた食材でいかにバリエーションのある食事を作るか。
日々手を尽くし、マメに働きひたすらに生活し、作り、食べる。

そこには携帯電話もパソコンもない。
人生の先輩や母から学んだ知識を総動員して、日々を生きる。
たまに失敗したりする。
でもそこからまた新しい何かが生まれる。

いやはや、なんともいい映画だった。
まあしちめんどうさいこと考えずとも、出てくる食べ物がどれもこれも美味しそうで、食い意地のはっているわたしにとってはそれだけで十分。
小森の美しい景色、温かいごちそうの数々。
うーん、夏・秋バージョンも見たいものよ・・・どこかで再上映してくれないものか。


リトル・フォレスト 夏・秋 [DVD]
松竹 (2015-01-28)
売り上げランキング: 431



nice!(0)  コメント(0) 

娚の一生 [映画]

東京の大学へ進学し、一流企業に就職しキャリアを積んできたつぐみ。
報われず、消耗するだけの恋を経て、自分は幸せにはなれないのではないかと思っている。
祖母の看病をするために田舎に戻るつぐみだったが、祖母はあっけなく亡くなってしまう。
葬儀をすませひとり残った祖母の家に現れたのは、かつて教師だった祖母を慕っていたという、大学教授の海江田。
家の鍵を持っており、離れを自由に使っていいと言われていた、と押し切られ、ふたりは奇妙な同居生活をはじめる。

内容よりもなによりも、いちばん気になるのがタイトルの漢字だったりする。
こんな字見たことなかった。
このタイトルでは娚=おとこ、と読ませるのだけど、どうやら本来は「めおと」らしい。
なるほど、それなら納得できる。
ちなみにここに男がもうひとり加わると、嬲る、で「なぶる」となる。男ってヒドいわね~笑

原作はやはり背表紙のタイトル漢字にひかれてちらりと読んだことがある。
なんだかしちめんどうくさい話だな~とあまり共感はできなかった記憶が・・・

平たく言うと、ふたりは恋に落ちるんだけど、主人公にとっては祖母を慕っていた男だということや、恋愛をして幸せになれるような気がしないからしない!考えが邪魔をして、なかなかどうして、素直になれない。
そういうわだかまりのようなものが解けていくさまをじーっくり丁寧に、夏の美しい田舎の風景を存分に背景に活かしながら撮影している。
田舎好きのわたしとしては、風景が美しかっただけでも十分楽しい映画だった。

女心をくすぐる点としては、海江田が理想的な男性であること。
知的で包容力があって、ちゃんと言葉で心を伝えることができて、積極的に攻めてきて、でも繊細なところもあったり、子どものようなわがままを言うかわいらしさもある。
そりゃーね、あなたこういうタイプに弱い人は多いでしょうよ。
でもこんなおとぎ話のような男性はそうそういないわけで。
ま、あくまでこの映画、ファンタジーの領域で見たほうが存分に楽しめるんじゃないかと思う。
男性は・・・あんまりおもしろくないんじゃないかな、という気がするけど。どうだろ。勉強にはなると思うよ。笑
nice!(0)  コメント(0) 

6才のボクが、大人になるまで [映画]



リチャード・リンクレイターという監督は、人の生き様の移り変わりが大好物な人なんだな~、とこの映画を見て改めて思った。
ビフォアシリーズも面白かったけど、本作品もなかなかの面白さ。

メイソンは6才。母と姉のサマンサと三人でテキサス州に住んでいる。
母はいわゆるできちゃった婚で、大学をリタイアしておりまともに稼げない。
祖母が住む街へ引っ越し、大学へもどって稼げるようになりたい。
子どもたちの反対を押し切って引っ越す家族。
そこへ離婚した父が久しぶりに現れる。
よりが戻るかとメイソンはほのかに期待するがそうはいかず、母は大学教授と再婚をする。

平凡な家庭に育ったわたしとしては、十分に波乱万丈な子ども時代に思える(親が離婚するだけでも大事件じゃないか!)。
母親の再婚相手がアル中になり離婚、就職による引っ越し、そして再再婚。
子どもは赤ちゃんの頃、親をふりまわすかもしれないが、この母親だって十分子どもをふりまわしている。

でも別に母親の愛情が足りないわけではない。
ちゃんと稼いで子どもたちを育てているし、メイソンは少々内向的ではあるけれど、グレるわけでもなく、他人とはちゃんとコミュニケーションが取れるし、週末会う父親ともうまくやっている。
平凡な少年の一年のうち数日間を切り取り、12年撮り続けたその執念がすごいよな、と思う。
そして主要キャストが欠けることなく撮影できたこと。
これってけっこう奇跡に近いよね。だって人の明日なんてどうなるかわからないのに。

ただそれゆえに名作か、というとさほどでもないと思う。
ある種の感慨・・・子どもって本当にどんどん大人になるんだなぁ、とか、トゥルー・ロマンスのときはあんなにピチピチしてたパトリシア・アークエットがダルダルのおばちゃんになっちゃうんだなぁ、とか、そういう深い(深いのか?)感慨は、ある。
それはやはり、実際に流れた年月のなせるわざ。
たとえ1年かけて撮影したとしても、加齢の特殊メイクをしたとしても、リアルな時の流れにはとてもかなわない、ということ。
そう考えると、北の国からや、大草原の小さな家みたいなドラマが人気があるのは当然なのかもしれないなぁ。

しごく真っ当な青春を送った主人公は、晴れて希望の大学に合格し、寮に入る。
新しい出会いと、とりあえずどうとでもなる360度どこにでも開けている未来。
親戚の子どもの未来へのワクワク感をおすそ分けしてもらったような、素敵なラストシーンだった。




nice!(0)  コメント(0) 

はじまりのうた [映画]



去年この予告編を映画館で見た瞬間、こりゃ面白いだろうな~と思って、期待はかなり高かったけど、それに負けることなく楽しい気分にさせてくれる映画だった。

ミュージシャンの恋人に浮気され、ヤケになっているグレタ。
友人のミュージシャンのライブに無理矢理連れ出され、一曲ステージで歌う羽目に。
それを偶然聴いていた音楽プロデューサーのダンは、彼女の歌に心をひかれ口説く。
しかし彼はここ数年ヒットを出す歌手を育てておらず、自分で立ち上げたレーベルを首になったばかり。
レコーディングするお金がない、ならばこのニューヨークの街で録音してしまえ!

お話としてはありがちなパターンなんだけど、なんとも映画的魅力に富んでいる。
街のざわめき息遣いをひっくるめてレコーディングをする皆の楽しげな様子。
近くで遊んでいた子どもたちを追っ払おうと金をやるタバコもくれてやる、なんて話をしていたのに「お前たち歌えるか?」と、なんとコーラスでレコーディングに参加させたり。
うるさいと住民から怒鳴られたり、警察に追いかけられたり。

秀逸なのは微妙な関係になりつつあるグレタとダンが、夜の街をデートするシーン。
お互いのiPodのプレイリストを一緒に聴きながら、あてもなく歩き回る。
ただの街の風景が、音楽が加わることによってキラキラした特別なものになる。
これってよほどの音楽きらいじゃないかぎり、誰にでも一度は感じたことがあるんじゃないかな。
こんなデートしたら・・・恋しちゃうよね~(ま、音楽の趣味に共感できれば、という条件つきだけど)

そしてグレタのCDが完成するのだけど、その売り方が今の音楽業界に対してとても挑戦的。
これからもグレタは自由に歌い続けていくんだろうな、というあかるい終わり方がまたうれしい。
ちょっと家族の問題を詰め込みすぎた感はあるものの、音楽好きなら是非見てほしい映画。
nice!(0)  コメント(0) 

ビッグ・アイズ [映画]

1960年代のアメリカ。横暴な夫の元から娘を連れて飛び出したマーガレット。
まだ男性中心の社会であり、絵を描くことしかできないマーガレットは、言い寄ってきた気さくな画家、ウォルターと恋におち結婚する。
マーガレットの描く絵は目が異様に大きい子どもの絵だったが、あるときウォルターはそれがあたかも自分の作品のようにふるまってしまう。
そこからふたりの嘘を重ねた生活が始まった。

結局マーガレットが目の大きい子どもばかりを描いた理由はなんだったのか・・・
とぼんやり思ったりもする。
そこは・・・要らなかったのかな、この映画には。

実話に基づいたストーリーで、このビッグ・アイシリーズは当時大人気だったらしい。
わたしは見たことないなぁ。

わたしは芸術家ではないので、自分の作品なんて言えるものはないけれど、夫と言えども他人に作品を乗っ取られるということは、たいへんに心が痛む事態ではないかと。
確かに劇中のマーガレット、精神的にちょっと病んだり追い詰められたりはしているけれど、どうも全体的に軽い雰囲気。
事実を淡々と追って行った、という印象。

偽り続けたからと言って、ウォルターが根っからの悪人ではない(ペテン師ではあるけれど)。
おそらく彼がいなければビッグ・アイズシリーズの絵は日の目を見ることはなかっただろうし、最初からそれを自分が描いたと偽ろうとはしていなかった。
むしろそのきっかけはマーガレットの弱さ、のように描かれている。
そう、マーガレットは精神的に弱い。

夫のもとを飛び出したものの独り立ちできずにすぐに再婚するし、なんだかんだとウォルターに言いくるめられてて何年もゴーストを続けるし、やっとそこから脱出したものの、今度は宗教にはまる。
まあ、そこらへんの弱さが彼女の絵の魅力として活かされているのかもしれないけど。

10年も夫のいいなりにゴーストを続けたのは、彼女が愚かだったからじゃ?とも思えてしまうこの映画。
そういう時代だったんだよ、と言い切ってしまうには全体的に軽すぎる。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。