So-net無料ブログ作成

はじまりのうた [映画]



去年この予告編を映画館で見た瞬間、こりゃ面白いだろうな~と思って、期待はかなり高かったけど、それに負けることなく楽しい気分にさせてくれる映画だった。

ミュージシャンの恋人に浮気され、ヤケになっているグレタ。
友人のミュージシャンのライブに無理矢理連れ出され、一曲ステージで歌う羽目に。
それを偶然聴いていた音楽プロデューサーのダンは、彼女の歌に心をひかれ口説く。
しかし彼はここ数年ヒットを出す歌手を育てておらず、自分で立ち上げたレーベルを首になったばかり。
レコーディングするお金がない、ならばこのニューヨークの街で録音してしまえ!

お話としてはありがちなパターンなんだけど、なんとも映画的魅力に富んでいる。
街のざわめき息遣いをひっくるめてレコーディングをする皆の楽しげな様子。
近くで遊んでいた子どもたちを追っ払おうと金をやるタバコもくれてやる、なんて話をしていたのに「お前たち歌えるか?」と、なんとコーラスでレコーディングに参加させたり。
うるさいと住民から怒鳴られたり、警察に追いかけられたり。

秀逸なのは微妙な関係になりつつあるグレタとダンが、夜の街をデートするシーン。
お互いのiPodのプレイリストを一緒に聴きながら、あてもなく歩き回る。
ただの街の風景が、音楽が加わることによってキラキラした特別なものになる。
これってよほどの音楽きらいじゃないかぎり、誰にでも一度は感じたことがあるんじゃないかな。
こんなデートしたら・・・恋しちゃうよね~(ま、音楽の趣味に共感できれば、という条件つきだけど)

そしてグレタのCDが完成するのだけど、その売り方が今の音楽業界に対してとても挑戦的。
これからもグレタは自由に歌い続けていくんだろうな、というあかるい終わり方がまたうれしい。
ちょっと家族の問題を詰め込みすぎた感はあるものの、音楽好きなら是非見てほしい映画。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。