So-net無料ブログ作成

さよなら歌舞伎町 [映画]



親や同棲する彼女に一流ホテルで働いている、と偽り、歌舞伎町のホテルで働く徹。
AVの撮影でやってきた女優は徹の妹。
微妙に倦怠感漂うミュージシャン志望の彼女は音楽事務所の男と、徹が働くホテルにやってくる。
時効間近の男と、その共犯者でホテルの清掃員として働く女。
韓国人の風俗嬢とその恋人。
デリヘル嬢スカウトと、それにひっかかった家出中の女子高生。
ノンキャリアの女性刑事と、上司であるキャリア刑事の不倫カップル。
彼らが織りなす24時間のお話。

去年歌舞伎町へ初めて足を踏み入れたけれど、確かに独特な空気を持つ街だった。
ひとことで言ってしまえば「いかがわしい」笑
でもこの1時間くらい観察してみたいな、って人はけっこう多かった。コンビニとか見てても面白そう。

臆面もなくできすぎた出会いはあるけれど、うまいことラブホテルを中心にした群像劇になってるかなぁ、と。
ただ「俺の居場所はここじゃない」と不貞腐れつづける主人公は、最後に歌舞伎町を去るのだけど、本当にさよならしたのかなぁ?また戻ってきてしまうような気がするけれど。

それにしても突出していたのがデリヘル嬢を演じたイ・ウヌ(イ・ウンウとも表記されるみたい。韓国の発音難しい・・・)。
この存在感なに?特別美人てわけじゃないのに、ひきつけられる。
大久保のヘイトスピーチの横を通るときのいたたまれない表情、馴染み客を相手に片言の日本語で愛嬌ふりまく表情、もうすぐ去る歌舞伎町をぼんやり眺める表情。
どれもハッとするほど透明感があって美しい。
そして何より驚いたのが。
この人、メビウスで二役をこなしていた女優さん!!



ぜ、全然気づかなかった・・・
顔立ちが地味なだけにいろんな色に染まれるのね・・・

と、ほとんど彼女にもっていかれた感もあるけれど、家出女子高生の我妻三輪子ちゃんもかなりキュートだった(彼女の語るエピソードの使い古され感はひどかったけど)。時効待ちのカップルと共にかなり甘いエピソードで、この映画、リアル歌舞伎町、というよりはおとぎ話っぽくなってしまってるような。
そこのところは食い足りないっちゃ食い足りない。

実はいちばん怖いな、と思ったのは主人公の妹のエピソード。
彼らは東北の被災地出身という設定で、妹は学費に困ってAV女優のバイトを始めたことになっている。

以前はユニクロの服を一枚買うにも迷ったけれど、今は1万円くらいの服なんてすぐ買っちゃう。お金のない生活なんて考えられない。

と可愛い顔して妹は言い、兄もそれに対して何も言わないのだけれど。
まさに人生の堕落(という言葉はちょっと違うかもしれない)はその感覚からはじまるのだろうな、と。
おそらく、彼女は今後学校を出て就職したとしても、その職を続けられないだろう。
一度簡単に稼ぐことを知ってしまった人は、多分まともには働けない。
人は簡単なほうに流れていくものだから。
若くて、わたしはそんなにバカじゃないもん、と思っている若者ほど、おそろしく無防備で愚かだ。



nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。