So-net無料ブログ作成

百円の恋 [映画]



去年見逃して後悔してる映画が0.5ミリ。
上映時間が長くてタイミング合わなかったんだよな~残念。
それと同じくこちらも安藤サクラが主演。

32歳の一子は典型的なパラサイト。弁当屋を営む母の家で、甥っ子とゲームに興じ、夜中にお菓子とアルコールを買いに行く。
髪はぼさぼさ、有り余る贅肉、にごった目。
正直、道で遭遇したら目をそらしたくなるような相手である。

出戻りの妹とそりが合わず、実家を出る一子。
どうやらまともに働いたことがないようだが、百円ショップの優しいがちょっと病んでる店長(宇野祥平さん♪)に拾われ、なんとかかんとか自活の道を歩き出す。

いろいろあって(本当に些末なことばかりだけどいろいろある)、一子はボクシングをはじめる。
ここから映画がキラキラと輝きだす。
とにかく安藤サクラの本気度がすごい。
パンフレットを読むと、体重の増減が要となってくる映画なのに、順撮りじゃない部分もあったそうで。
でも見てるほうは全然気づかない。すごい。
どんどん動きが機敏になっていって、パンチは速く鋭く、何か憑き物が落ちたようにすっきりとした瞳の女がスクリーンに現れる。
これは実際に見ないと感じることのできない感動。

物語としては平凡だし、後半のワクワクするシーンにたどり着くまでの鬱陶しさはいかんともしがたい。
だが、それを吹き飛ばさんばかりの役者の力。
安藤サクラか新井浩文が出ている映画なら、とりあえず見たい、と思わせる力をもった二人の、本気度がビシビシ伝わってくる映画なので、是非とも映画館へ足を運んでほしい。
特に何かを諦めてしまった人は特に。

必死になって努力して、それでもうまくいかなくて、無様で格好悪くて何が悪い。
諦めるよりいいじゃないか。
nice!(0)  コメント(0) 

あと1センチの恋 [映画]

この映画ってそんなに宣伝を見かけなかったし(と言ってもあんまりテレビ見ないけど)、メジャーなハリウッド俳優が出ているわけでもない。
だからそんなにお客さんいないだろうな、と思っていたのだが。

何この混みよう。しかもほぼ9割が女子高生・・・男子高校生もちょいちょい。
平日のレディースデイでもない日に1600円払って高校生が見に来るって。
なんで?(あ、わたしは会員なので1000円ね)
多分100人くらいはいたよな・・・とても不思議。
かたや同じ時間帯に上映の海月姫は・・・ちょっと気の毒な感じ。
タイミングが合えばこちらも見たかったんだけど、無理かな~

ロージーとアレックスは6歳の頃からの幼馴染。
まさに青春を共有してきた仲である。
お互いに想いを打ち明けないまま、田舎を出て大学生活を送ることを誓い合い、見事合格する。
しかしロージーは軽い気持ちで関係を持った相手の子どもを身ごもってしまう。
故郷に残り、子どもを産み育てるロージー。
医者になる夢を都会で叶えるアレックス。
ふたりの長い長いすれ違いがはじまる。

まああれですよ。
たくさんすれ違うんだけどね、最後は大団円です。
え?それネタバレじゃないかって?

そんなもん、ハッピーエンドに決まってるじゃない、こういう映画。
じゃなかったらブーイングの嵐だよ・・・
どこぞやの国の波乱万丈ドラマと違うのは、病気になったり交通事故とか記憶喪失はないところ。
ただひたすらタイミングの悪さと、ちょっとしたいじわる、気持ちの行き違いですれ違い続ける。
じれったい。それが乙女心をアツくさせるのです!

といった映画ですよ。
主人公がとってもキュートだし、笑いも満載。
おとぎ話にならずにダークな現実も描かれているので、ラブコメディが好きな向きにはおすすめ。






nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。