So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

マイライフ・アズ・ア・ドッグ [映画]

先月BSで放送されていたのを録画。ようやく見終えた。
これ、わたしが映画館へひとりででかけて見た初めての映画なのである。
製作年は1985年らしいけど、わたしが見たのは二番館である星ケ丘三越の映画館。
確か大学に入って間もないころだったと思う。
三越の折り込み広告を見ていて上映を知り、なんかこれ、見なきゃいけないような気がする・・・と思ってでかけたのだった。
たまに内容も知らないのにポスターやひどいときはタイトルだけで「これ、見なきゃ」という映画がある(月とキャベツはタイトルだけで見に行った。そこから十数年、山崎まさよしに青春?をささげることになる)。
たいていそういう映画に外れはない。
結局この映画がいたく気に入って、「映画って面白い!」と思ってしまって映画館に通い続けて今に至るのだから人生オソロシイ。

ラッセ・ハルストレム監督がこの作品後、やかまし村の子どもたちを撮ったり(レンタル屋でバイトしてるころ、これ子どもたちに大人気だった)、ハリウッドに進出する。


マイライフ・アズ・ア・ドッグ 【HDマスター】 [DVD]


50年代のスウェーデンが舞台。
父は遠洋で仕事をしており、まったく帰ってこない家庭に育つイングマル。
兄とはケンカばかりで、それは病気の母の癇癪の原因となっている。
母の病気が重くなり、夏休みの間兄はおばあちゃんの家へ、イングマルは叔父のもとに預けられることに。
不安でいっぱいのイングマルだったが、ユーモラスな叔父はよき理解者で、彼は田舎の生活にすぐになじむ。
友だちもでき、ペットホテルに預けてきた愛犬のシッカンのことは気になるけれど、元気に日々をすごすイングマルだった・・・

さすがに大好きな映画でも20年以上に見たきりだったので大分細かいところを忘れていた。
当時はそんなに暗い印象は抱かなかったけれど、辛いシーンがかなりあって驚いた。
母が癇癪を起こして怒鳴り散らす声が聞こえないように、耳をふさいででたらめな呪文を必死に唱えたり、母の為を思ってすることがどんどん裏目に出てしまったり。

せつないなぁ。

自分が見た当時何故この映画にひかれたのか・・・
こういった類の映画を見たことがなかった(それまではハリウッド超大作とかチャップリンくらいしか見たことなかった)からかもしれないし、単に子どもたちが生き生きしてるのが楽しかったからかもしれない。
変な人がたくさん出てきて、イングマルは「ちょっと変わっている」と大人たちから思われている少年なのだけど、もっと変な人なんて世の中にはたくさんいるし、別にそれの何がいけないのか、って感じの空気が気に入ったのかもしれない。
そして辛いことがあっても気の持ちようでどうとでもなる、ということ。
わたしの楽観的な要素って、そういう映画が好きという積み重ねからできているのかも?


nice!(0)  コメント(2) 

ライブ終わりのぐったりまったり [日記]

ライブが終わった後って疲れてるんだけどアドレナリンは出てるから妙にハイテンション。
人見知りなわたしもアドレナリンとアルコールの力で、ちょっとばかし心開けるわけです。
TOKUZOは朝までやってるので、残った人のおしゃべりの輪に入れてもらった。

やはりオーガスタの陰謀にはまっている人が多いようで、山崎まさよし、スキマファンもいつつ、秦くんがいちばん人気か。
秦くん、本当に人気者なんだね・・・

他愛もない話で盛り上がる。
ああ、この感じ、久しぶり。
ライブもいいけど、アーティストの話題で盛り上がれる仲間ができると余計に楽しくなっちゃうんだよね。

大阪からいらしてた方に、来月のマンスリーのファイナルが大阪と聞いて(地方遠征を考えていなかったので、日程ノーチェックだった)、数人が「え?行っちゃおうかな!」というノリになったのが面白かった。
ええ、もちろんわたしもそのひとりですが何か。
どういようかな。最後の正直(そんな言葉ありません)で長澤部屋が当たるかもしれないし、8月の長澤部屋でお知らせがあるなんて匂わされてるし、それライブかな、アルバムかな。
出張長澤部屋?
そうなると、うーん。うーん。うーーーーーん。



nice!(0)  コメント(0) 

浜端ヨウヘイmonthly「BAND!BAND!BAND!~夏の陣~」 [音楽]

於 TOKUZO 2014年8月21日

なにぃ、TOKUZOでバンド?え?ステージに入りきるの?
という心配は杞憂でした。意外に広いTOKUZOのステージ。笑
そういやわたし、このステージに10人以上が出てきてセッションしたの見たことあるわ・・・
見慣れてきたせいか、ヨウヘイくんが普通サイズに見えてきた。
ホント慣れって怖い。

まだ東京編が残っているのでちと隠す。
相変わらず大したことは書いておりません。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

京都旅行2014 2日目 [日記]

shot_1408070201026.jpg

毎年お盆に京都へ行くのは下鴨神社の古本市へ行くため。
まあわたしは実のところとっくに飽きているのだけれど、ダンナが毎年行きたがるのでお付き合い。
糺の森の空気は好きなのでいいんだけどさ。

今回は下鴨神社の入り口にある茶屋でかき氷を食べた。
毎年気になっていたくせに何故今まで入らなかったのか!
というくらいに美味。
抹茶が濃い~の。
ダンナは黒蜜のを頼んでいたけれど、こちらも美味。なんか癖になる味。
近くに座っていたカップルは黒豆茶を飲んでいた。
ポットに黒豆とお湯、それを氷の入ったグラスに注いで飲む。
黒豆はそのまま食べられるそうな(じっと観察していたワタシ)。
香ばしくておいしいそうな。機会があれば今度はあれを飲んでみよう。

手水のあたりで神社の方がお白石持ち神事をやっている(来年式年遷宮らしい)、と言ってらして、まあせっかくだから参加しようか、と500円をお支払。
願い事を書いた紙を渡すのだけど、願い事の表が机にはってあり、家内安全とか書いてある。
何故か世界平和がない・・・わたしが願っているのは常に世界平和なのに・・・
国内でできる範囲のことしか願えないのだろうか。
なので今回は復興祈願にしておいた。

手ぬぐいをもらい、お白石をそれに包み、御手洗池で洗い、積んで帰るというもの。
手ぬぐいは持ち帰ることができる。

さてお昼時である。
しかしかき氷を食べたのでそんなには空腹ではない。
じゃ、先にもうひとつかき氷行っちゃう?と調べてあったみつばちという甘味処へ。
だが並んでいる。天気が悪いせいか、並んでいるとは言っても4~5人。
でも並ぶのキライ・・・
じゃあ先にごはん食べようか、と去年立ち寄ったお店が近くなので行ってみるとランチ休み。
うーん、どうすべ、と周りを見渡した時、わたしの目にとまったのが渋ビル!
歩道が狭くて全景が撮れなかったのが残念。
そしてその渋ビルにはどうやらコーヒーの店があるようだ・・・
なんだか怪しいニオイがするが入ってみようじゃないの。

shot_1408078492169.jpg

shot_1408078465802.jpg

shot_1408078442842.jpg

shot_1408078396241.jpg

年代を感じる階段を上ると案外小奇麗な廊下。
その中ほどにあったのがKAFE工船。
入ってすぐが大テーブル(たぶんワークショップなんかするときに使うのだろう)。
奥の窓際がカウンターになっていて客席は6つ。
三人先客がいた。
日によって用意できる豆が違うそう。
「あっさりにしますか、こってりにしますか?」と聞かれこってりと答えると、かなり濃厚なコーヒーがグラスに入って出てきた。
ちなみにネルドリップ。
グラスなだけあってかなりぬるい・・・そしてこってり・・・
うーん、エスプレッソの手前って感じの濃さ。
これはカフェオレにしたほうが美味しくいただけそう。
あとから来たカップルがあっさりを頼んでいたが、陶器のカップで提供されていた。
たぶん普通のコーヒーがよければあっさりを注文したほうがいいのだろう。

shot_1408077581176.jpg

客席から見た風景。
お店の雰囲気などはとてもいい。個性的。
自転車のメンテナンスコーナーがあったり、器の販売もしているみたい。
もう一度行ってあっさりを飲んでみたい。

タブレットで周辺の飲食店を探してハンバーガーの店へ。
美味しいけれど野菜の水分がかなり出てしまって、次第にバンズがドロドロに。
昼の時間は禁煙という触れ込みだったが、一段落した店主が店の奥でタバコを吸っていた。
吸わない人間はすぐに気付くのだよ・・・

またぶらぶらと街を散策。
よーじやに初めて入ってお茶をした。
紙のお手拭きがよーじや仕様!
お金かけてるな。

shot_1408087338420.jpg

カフェから見えるお店が気になって入るとにじゆらという手ぬぐいやさん。
店名は聞いたことある。
タツノオトシゴと朝顔の手ぬぐいをダンナが購入。
わたしは迷いすぎて選べなかった!
ダンナは服も古本も鞄も買ったのだ。
わたしが買ったのはがま口一個。なんだかなぁ・・・
化粧ポーチとして使っているけれど、パチッと開けるだけで中身が取り出せるので便利。
ファスナーより楽チン♪

ちなみに今回移動は18きっぷを使った。
交通費だけは安上がり。


nice!(0)  コメント(0) 

京都旅行2014 1日目 [日記]

shot_1407985610331.jpg

ここ数年お盆は京都へでかけている。
今年は泊まり。
今回は到着するなりここすっぽんの大市へ。
先日おしゃれイズムに佐藤健くんが出演したとき、藤原竜也くんと食事していたお店。
すっぽんって精力がつく料理、というイメージが強くて、味の情報を耳にしたことがなかった。
けどふたりとも「うまいうまい」と絶賛していたので、京都へ行くならここですっぽんが食べたい!とダンナにお願いしたのだ。
お高いです・・・ふたりでビールと日本酒飲んで5万超えました・・・宿泊代より高いという・・・
まあでもそれも納得のお味。
美味しい。なんかものすごく濃いのよ味が。深みがあるというのか。
お肉はものすごくぷりぷりしてる。
そして「おお、これがコラーゲンというものか」といった風情の皮部分もあり。
ここもかなり弾力があって、豚よりも食べやすいかもしれない。

スープに熱燗をいれるとおいしい(これも健くんたち飲んでいた)とすすめられ注文。
いやー昼からこんなもの飲んじゃいけないわ、確かに。
大人でよかった。
雑炊も絶品!大満足。

IMG_20140814_160423.jpg

そして健くん関連でもうひとつ、京都の市営地下鉄が主催しているるろうに剣心のスタンプラリーを。
映画館含めて三か所(うち一か所はゴール駅)まわるだけなのであっさり終了。
参加賞のステッカーをもらってホクホク。
サイン入りプレスシート、当たるといいな・・・

shot_1408005646623.jpg
京都の路地っていい感じ。

この間がまぐち屋さんを覗いたり、信三郎帆布(ものすごいお客さんだった)を覗いたりしながら、ホテルへ移動。
その近くのお店でマンゴーのかき氷を食す。
マンゴーがこれでもかこれでもかとのっていてこの上ない満足感を味わう。

shot_1408004641541.jpg

shot_1408004074928.jpg

夕食はどうしようね~とブラブラ。気になるお店にあちこち入ってみたり。
で、入ったのがこちら>> 螢というお店

shot_1408013005218.jpg
わりと目立たない入り口なんだけど、ほぼ満席。
カウンターでチビチビやりながらおつくりをつつく。
鱧の南蛮漬けもおいしかった。

そういえば夕食を探しつつ町を歩いていると、客寄せの店員さんがイタリアンだろうがなんだろうが「鱧ありますよ」と皆言っていたのが面白かった。
やっぱ「鱧ないの?」って聞かれるのかなぁ。

そして1日目終了~
nice!(0)  コメント(0) 

本日の猫 [猫]

shot_1408348797210.jpg
似てないけど、たぶん親子

nice!(0)  コメント(0) 

カメラアプリ [日記]

shot_1407924137093.jpg

タブレットは大きいので写真がなかなか上手く撮れない。
おまけにもともと入っているカメラアプリがいまいち(自分の腕は棚にあげ)。
なんかそれっぽくごまかせるものはないか探したら、Retro Cameraという無料アプリがあったので使ってみた。

うん、なんかそれっぽい写真になってる。笑
いろいろカメラのタイプが選べて面白いのでオススメ。
nice!(0)  コメント(0) 

るろうに剣心のエキストラ、に行けなかった話 [日記]

佐藤健が大好き!な浮かれポンチです。こんにちは。
もう公開もしてしまったので、そろそろるろうに剣心のエキストラの話をしたいと思う。
正確にはタイトル通り、エキストラに行けなかった話、である。

勘のいい健ファンならば、るろうに剣心続編決定、と公式発表がある前に「あ、撮影始まってるな」と気づく機会があったのですね。
その時から「よし、エキストラに出てやるぞ!」と意気込んでいた。
発表があり、大々的にエキストラの募集がかかった。
携帯から自分の写真を添付して身長体重やらを書いて送信。
これで登録はおしまい。

エキストラが必要なときは一斉送信でメールが来て、参加したければメール連絡、という形式だった。
ところがところが、この映画のエキストラ、本当に大変だったの、条件が。
女性の募集がほとんどなかった。
映画を見た人はご存じだと思うが、平和なシーンって最初のほうだけ。
主に関西で撮影していたと思うのだけど、女性の募集がまともにかかったのはこのときくらい。
わたしはこの一度だけ申し込んだけど、選ばれなかった~
あとはひとりとかふたりとか少人数。

まあそれは仕方ないにしても、たまげたのは集合時間。
朝5時とか6時とかザラ。
しかも集合場所がおそらく駅から遠い場所だったり。
滋賀に友人が住んでいるので、泊めてもらうことは可能だったけれど、そこからの足がない。
そんな時間に集まってほぼ一日拘束。
エキストラ経験のある人ならわかるだろうけど、撮影なんてのびるのが普通。
なのに終了予定は夜の9時ころって、ねえ?
とてもとても地元に住んでないと参加できないエキストラ募集だった。

面白かったのが猫の募集があったこと。
劇中田中泯さんに抱かれているブチ猫ちゃんを見て「君か~採用されたのは」とニマニマしちゃったよ。
このときはなんとか行ける時間だったのでうちのネコをつれていくことを一瞬考えたけれど、うちのは他人に静かに抱かれておとなしくしているような性格じゃないし、多分道中そのものがストレス。
それに明治時代にそこらにいたような柄のネコじゃないしな~と。
でもこれ見たら・・・応募だけでもすればよかったかと・・・あう




最大のロケ地である熊本の募集はあんまり来てなかったような。
気の毒だったのが山形方面へ移動してから。
雨にたたられて、「今日の撮影は中止で振替日のエキストラ急募」メールが毎日のように。
またスタッフさんが感情たっぷりの切々と語るメールしてくれるので、何もできないけど頑張って!とこちらも切なくなるほど。

そして関東に移動してからがまた大変。
今度はクライマックスシーンのためにとにかく大人数(もちろん野郎ばかりの募集)を集める必要があって。
最初は5日連続で参加できる方、という条件だったのが、だんだん1日でも大丈夫です!な感じになっていき。
平日、若い男性をそんなに簡単に集められないよね・・・

エンドロールでエキストラとして名前が載っているのは、何日以上か参加された方々のはず。
本当にお疲れ様でした。

エキストラ担当の方のメールの文章が楽しくて、メールが届くのが楽しみだったなぁ。
全然映画の役にはたてなかったけれど、ファンとしてはちょっと内幕がのぞけて面白かった。
うーん、でもやっぱり一度くらい参加したかった!!
nice!(0)  コメント(0) 

夏仕様♪ [佐藤健]

タブレットがいいのは画面が大きいところ。
アイコンももちろん大きい。
もっと嬉しいのは壁紙が大きい。

ということで、先ごろまでるろ剣バージョンの画面だったけど、さわやか健くん夏仕様にしてみた~
どうよ。

IMG_1562.JPG


アイコンもフリーアプリで色を統一してみた。
うれしくなってダンナに見せたら、「ふーん・・・なんか楽しそうだね」と言われた。
絶対バカにしてる。

ちなみに壁紙は三面あるので、のこりのふたつは長澤くん(不動)と虎之介のだらけた画像。
nice!(0)  コメント(0) 

ジゴロ・イン・ニューヨーク [映画]

ブルックリンの本屋を不況で閉めることになったマレーは、友人のフィオラバンテを口説き落とし、男娼ビジネスを始める。
はじめは乗り気でないフィオラバンテだったが、口コミで評判となっていく。

うーん・・・正直全然面白くなかった。
いや、クスッと笑える場面は多々あるのだけれど、全体の盛り上がりにかけるというかなんというか。
主人公の自我がまったく見えないのが難点。
誰にも感情移入ができない。

ま、強いて言えばヴァネッサ・パラディの心情がいちばんわかりやすいんだけど、なんか益々空きっ歯がひどくなったな~などと失礼なことが頭から離れず。
なんで急にユダヤ教なのかもわかんないし、なんか無理矢理宗教とか人種問題を盛り込んだ感じが、映画の方向性をよくわからないくしてる気がする。
予告やポスターを見た限り、洒脱な大人映画を想像してたんだけどな~
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。