So-net無料ブログ作成

イニシエーションラブ [映画]

最後の5分で
という宣伝文句を何度見たことか。
まあね、主演のひとりに前田譲をおいたことで、アイドルファン以外の集客に不安を感じて煽るのはかまわないんだけどさ。
この宣伝文句があるがためにずーっと疑いの目を持ち続け、途中で「ああ、もしかしてそういうことかな」ラスト近くで「ああ・・・やっぱり」とネタが割れてしまった。
最初の「ラストは秘密にしてね!」というテロップだけで十分だったと思うんだけどな。

とはいえ、この映画、恋愛映画としてよくできている。
目新しい物語はないものの、バブル時代の浮かれた感じや服装、歌謡曲。
その世代なら楽しめるよね。
劇中テレビの歌番組に(ベストテンではなかったよね?あれトップテン?)C-C-Bが出てきて、ロマンティックが止まらない、ではない曲を歌っていて「そっか、彼らは一発屋じゃなかったんだ」と思い出した。
そして前田譲の演技ときたら!
すごいよ、あのぶりっ子の的確な表現。
女子から見たら鼻つまみで「ああいうのに男はすぐ騙されるんだよね~」という典型の腹黒さ。
台詞のひとつひとつに胡散臭さ全開フルスロットル。
鈴木よ、何故そんな女に簡単に騙されるのだ?とスクリーン眺めて呆然。
確かにああいう女性、バブル時代はたくさんいたよな・・・

とにかく前田譲が圧巻だった。の一言。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。