So-net無料ブログ作成

Piranha Tour 2015 [TarO&JirO]

於 O-Crest 2015年3月29日

3か所とはいえどツアーファイナル。
間があいたとはいえファイナルです。
ダンナが風邪をひいたので、多少あれやこれやして、午後から出発。
パルコで買い物と腹ごしらえをして会場へ。
O-nestだかeastにはイベントライブで行ったことがあったので、わりとすんなり到着。
いつ来てもここらへんていかがわしいよね。笑

ジロさんがとぅるっと登場して(またもや菊正宗Tシャツ・そんなに気に入ったのか?)何故か世にも奇妙な物語のテーマを引き出す。
ああ、これってこんなかっこういい曲だったのね・・・
かなり場があたたまってタロさん登場。

って、パジャマ着てるし。
FBにあがってる写真でも見たことのある、チェックのパジャマ。
あまりにもタロさんらしくて笑ってしまう。

この話したらブログに書くべきだ、と師匠に言われたので書くけど、わたしの中ではあのパジャマには深い意味があって、「今までの俺は寝ていたようなもんんだ。これから覚醒してパジャマ脱いでますます音楽を道を進んでいくんだ」というタロさんの意気込みの表れではないかと・・・

師匠とまあごさんの前でこの説をライブ後語ったんだけど、二人とも反応悪かったです、はい。笑
まあごさんに至っては「なんでパジャマ!」と憤慨してらした。
そりゃもう、フリーダムに育てたご両親のせいでしょうね・・・ふふふん♪




ライブは・・・びっくりするくらい盛り上がりましてね。
今までいちばん盛り上がってもみくちゃにされて「ヒー!」と思ったのはpe'zumoku。
当時はsuzumokuの知名度がまだまだ、の頃で、会場はほぼPE'Zファン。
彼らの熱狂ぶりに圧倒されたっけ・・・だってなんかすごいんだもん。男性多いし。

でも今回最後の方はあの時のライブを越えるぐらい、皆飛んでたなぁ。
ジャンプするのがあんなに疲れることだとは(もうヘトヘト)。
ダブルアンコの大人の運動会。
あの一体感、フロアの跳ねるお客さんを見てとても嬉しそうで、笑顔を抑えきれない二人の顔。
一生忘れないな。

そういえば名古屋大阪で歌った落下は、お父様がいらしてたせいか歌わなかったね。笑

あー、もう楽しかった。なんだあの時間。濃すぎる!
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ukkey

えっと・・・師匠って、もしかして、私の事?
いやいや、やぶさんにはかないませんって!結局ツアー全部回ってるし(笑)
パジャマのくだり、反応悪かった?私は「なるほど~」って感心してたのよ。今からよね、今から!

最近頑張って飛び跳ねてますよ、私。今まではサボってたけど。
彼らの楽しさにつられて身体が動くってのが正確なのかも。
いやー、まじで楽しい。ヤバイね~あれは。。。
by ukkey (2015-04-14 15:16) 

やぶ

ukkeyさん
だってアナタがいなかったら、多分タロジロのこと今でも知らないもん。師匠でんがな。笑

以前デューク更家が「どうしても運動する時間がとれないときは、ジャンプするといい」って言ってた。
ライブで跳びながら「ホントだよ、更家」って思ってた。
あと足裏に一定のリズムの刺激を与えると、楽しくなるんだよね。
だからライブでジャンプさせるのは正解なのです。
by やぶ (2015-04-14 15:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。