So-net無料ブログ作成

アオハライド [映画]

新年一発目がこんな青春キラキラ映画。
今年のわたしは一味違うわよ。

というのは嘘で、ダンナが本田翼ちゃんのファンなので見に行ったのであった。
初利用した、夫婦50割引き。
夫婦のどちらかが50歳以上であれば、いつでも映画が2200円で見られるというもの。
ああ、ダンナの誕生日が間に合ってよかった。
高校生友情割引はなくなっちゃったもんねぇ~

中学生の時、お互いに淡い思いを抱いていた双葉と洸。
しかし洸の急な転校ではなればなれに。そして高校2年となった双葉の前に、洸が再び姿を現す。
しかし以前とはまったく雰囲気がかわっており、双葉は戸惑う。

あれですよ、旬の俳優・・・演技が上手いかどうかは別として、なんだかスクリーンに映るだけでパッと華やぐような、そういう若手俳優の時期ってあるじゃない。
あれが上手く混ざり合って、それはそれはフレッシュな映画だった。
この内容で2時間半はちょっと厳しかったけど、まあそれもなんかしょうがないか、キラキラしてたし、とよくわからない感じで納得してしまう。

正直、佐藤健の大ファンのわたしだけど、カノ嘘よりかはよほどこちらのほうが楽しかった。
恋愛ものって、やっぱ普通の高校生があーだこーだやってるほうが親近感わくもんね。
・・・まあわたしの高校生活はあんなにキラキラしてなかったけどさ。

東出くんが高校生に見えない、という話をちらほら耳にするけど、まあね、仕方ないよね~
こういうそこそこの規模で公開する映画だと、スポンサーが旬の俳優じゃなきゃ納得しないもん。
無名の新人なんて使う懐の深いお金持ちは少ないのである。つまらん。
あ、東出くんがダメってことじゃなくてね。わたしにはまあまあ高校生に見えた。
だって高校生に見えない高校生なんて世の中たくさんいる。
あ、でもお祭りデートを約束するシーン、あの時ちょっとヒゲが伸びてた。
あれはダメだよ。ちょっと笑っちゃった。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。