So-net無料ブログ作成

浜端ヨウヘイmonthly ハマバタ祭り [音楽]

於 TOKUZO 2014年7月30日

今回は七夕祭りにかけてハマバタ祭り・・・本人はすごく納得いかないネーミングらしく、言いたくなさそうなうえに、僕が考えたんじゃない!と繰り返し弁明をしていた。
ま、いいじゃん、楽しけりゃなんだって♪
で、これ、毎年恒例行事になるんですよね?うひひ。

七夕には織姫が必要、ということで、各地女性シンガーを読んでのツーマンライブ。
名古屋は見田村千春さんがゲスト。

曲は一度も聴いたことなかったけど、名前や写真を何故かよく見かける・・・と思ったらZIP-FMで番組を持っているのだとか。
はかなげな女性のイメージを抱いていたけれど、実際のところかなり男前な感じ。
しゃべり方とか歌い方も。
声の鳴り方はバラードのほうが好みだけど、「悲しくなることばかりだ」という曲はよかったな。




そしてヨウヘイくん登場~
黒地?に五色豆を散らしたようなシャツ・・・あれはサイズ合ってるのかな、丈がね、ものすごく短かった~
そして直前に、見田村譲とギターのノーマル比率を見ていたせいか、ヨウヘイくんのギターが。
ウクレレに見えた。や、マジで。
すぐ見慣れたけどさ。人間の適応能力ってすごいやね。
多分同じ印象・・・ウクレレ感もしくはシャツのサイズ感でくすくす笑いのさざめきが収まると。

あれ?ギターの音が変わった気がする。深まってる感じがした。
ぜったい変ったよ。オーガスタキャンプという大舞台を経験したから?
この時点でかなり浮き足立つわたし。
あとはあっという間。ツーマンなので曲数はいつもより少ないんだけど、足りない!という気分にはならなかった。
時間の長さよりも濃密な何かがあったのですよ。

そうそ、見田村譲がヨウヘイくんと会う予定の日に仕事が入り、その旨メールをしたら返事が返ってこなくて、一応先輩だから怒ったかな~とドキドキしたら、このライブの数日前に「セッションどうする?」って普通にメールがあったそうな。
で、ヨウヘイくんの言い分としては「そんなもん行けないならそっか、ってわかるやん!」「返事したかてせいぜい了解、って送るだけ!」と述べつつも「すんません」と謝っていた。笑

会場にいた女性はほとんどが「返事しないなんて!え~」みたいな反応だったけど、すんません、わたしもそういうのはしませんけど・・・あ~だから友だち少ないのか。
でもさ、返事が「了解」だけだったら別に送んなくてもよかったのに、ってわたしは思うので、やっぱこれからも送らないんだろうな~
まあ多分わたしの友だちはわかってくれてるはず。

あ、あと秋・・・9月か10月にデビューシングルが出る予定だそうな。
とうとうメジャーデビュー!!だね。
マンスリーライブも9月でおしまい。
さみしくなるような気もするけど、でっかく成長する姿をずっと追っていけるワクワク感もある。
なんかね、オーキャンでもデビューの話は言ったけれど、顔の見える距離でちゃんと報告したかった、みたいなことを言ってて。かわいいこと言うじゃねーかこの大型犬め!と思ったのですよ。

この日はちょっとダラダラ会場に残っていようと決めていたので(TOKUZOはライブ後は飲み屋になるので朝までいられる)、グッズを買うお客さんや、CDや手形色紙にサインをしてもらう人たちをぼーっと眺めていた。
なんかやっぱり穂苅さん大人気で、めちゃくちゃ話しかけられてた。
サインが終わるとお友だちやら前々からのファンの方とフロアで、ビール片手に談笑するヨウヘイくんを観察。笑
で、ふと気づいたらグダグダ残っていたわたしたちのところへやってきてなぜか全員と握手してくれてから楽屋に入っていた・・・やーびっくりした。
やさしーな。

そんなこんなでこの夜はほとんど眠れなかった!
来月も行くぞ!
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。