So-net無料ブログ作成

Act Against AIDS 2014 LIVE in Centrair [TarO&JirO]

午前からやっていたライブが1時半頃終わるので、そのあたりに行けば椅子席がちょっと空くかな~、と予定通りの時間に到着。
ぼーっと立って待つ。
さあ、終わりました、行くぞ!

椅子、全然空かない。
そうだよね、学生さんは家事なんてやらなくてもいいもんね暇だよね暇なんだよねきっと朝からその場所にいるんだよね夜までいるんだよね・・・
吉田山田と櫻子ちゃんの人気をなめてました。

立ち見の最前列にせめて、と思っていたらタロさん側にいた男の子たちがどこかへ行ったのでほいほい詰める。
そしてそこから結局ひとりで待つことに。
でもまあ、途中リハもじっくり見られたし、本読んでたのでそう苦でもなかったけど。

今日は機材がレンタルだった。
ステージがかなり狭い(奥行が)せいもあるし、大阪から来てたんだよね、今日って。
いつもの通りじっくり調整に余念がないジロさん。
タロさんも前見たときよりは丁寧にチェックしてたような。

ツバメ返し、Silent Siren、ペロレラ・レボリューションのなんと3曲。
み、短いよー!
ものすごくアウェー感があったけど、各所のサブローさんたちが結構声出してくれてうれしかったな。
わたしの前にいた櫻子ちゃんファンらしき女子高生がタロくんのことをかっこういいと言ってた。
ファンになってくれるかな~

今回初めて生でツバメ返しが聴けたのでとーってもうれしかった。
youtubeの新宿西口路上ライブの動画、ものすごく好きで何度も見聴きしてたから。
リズムを外してくるとこ好きなのだ。

ライブ後に先日の渋谷で顔を合わせながらもちゃんと挨拶できてなかったハナサブさんと合流。
なんとなくサイン会のブースについて行ってなんとなく握手してもらっちゃった。あは。
3人で「短かった」と愚痴りながら甘いものを食べる。
これで吉田山田が5曲くらい演奏したらなんだよね~と話していたら、ちゃんと3曲で終わっていたので「まあ、それなら仕方ないか」と納得。笑

かなりの時間グダグダとしゃべり名古屋駅にもどり、二人が名古屋城を見るというので一応案内・・・というか名古屋城、家のすぐ近くなんだけど3回くらいしか行ったことないんだよね。
すっかり暗くなった人通りのない道を足早に歩き、ライトアップされた名古屋城をものすごく遠目に見、バス停で別れたのであった。
まあ、普通地下鉄で移動するところをバスにしたので、ZIPFMの前を通れたのはよかった(たまたまだけど)。

短かった。
うん、でも思い返してニヤニヤしてる。
やっぱライブっていいな。

nice!(0)  コメント(2) 

おめでとうくらい言ってあげればいいのに [日記]

なんだか西島秀俊氏やら向井理氏が結婚するとかで、毎朝つけてるローカル番組の芸能コーナーがずっとこの話題なんですけどもう十分です聞き飽きました。
ていうか世のこの流れなんなの?
おめでたい話をなんだかどんより気分蔓延なニュースになってるの、なんなの?

古田新太も言ってるとおり、可能性はゼロではないですよ。
妄想の中ではだれと結婚しようがチューしようが口説かれようが、わたしのために争わないでって思うのは自由ですよ。
そんなことわたしだって人のン十倍もやってる自信すらありますよ。

だからってその妄想恋人が結婚したからって落胆しない。
あら、結婚しちゃうのね~おめでと~ってな感じである。
だって、結婚したらさらに妄想のバリエーションが広がるじゃないか。←

まあね、誰かのものになってしまった、という感覚はわからんでもない。
でも「誰かのもの」って考え方そのものがそもそもおかしいと思う。
結婚は誰かの付属品や所有物になることではあるまいよ。

大好きな人が大好き(であろう、と推察する)な人と結婚するなら、ちゃんとおめでとうと言ってあげるべきなんじゃなかろうか。
マスコミがおもしろおかしく言ってるだけで、現実の女性たちは労働意欲をなくしたりしないと思いたい。
まあ例え本気で落ち込んだとしても、それを表に出すなんざ粋な人間のすることじゃない。
顔で笑って心で泣いて、でよいじゃないですか。

この流れで健くんもさっさと結婚しちゃえばいいのにな~と思う。
いいタイミングだと思うけどな(や、相手がいればの話だけど)。
nice!(0)  コメント(0) 

ニンフォマニアックVol.2 [映画]

1のラストは、主人公のジョーが性感をなくす場面で終わっていた。
後半はそれを感覚を取り戻そうと悪戦苦闘するジョーの姿で始まる。

ああ、快感がなくてもセックスはしたいのだなぁ・・・
なんかもう面倒くさくなって普通の人だったらうっちゃってしまうような気もするけど、なんせ色情狂だから。
生活のすべてのことがそちらに向かっていくのだ。
セラピーみたいなのに通って「セックスを想起させるようなものはすべて排除する」よう言われたジョーは、その時はその気になってやってみるのだが、まあ、普通に生活できる状況ではなくなるのよね。
この部屋が壮絶ながらも笑える笑える。そ、そこまで?

感覚を取り戻すためにいろいろ試す中、サドマゾ(っていうのかなぁ?)を試す場面もあるんだけど、痛そう。
そこまで躍起になって、結局感覚を取り戻したのかどうか、明確には言ってなかったような。
わたしが気づかなかっただけ?
結局唯一執着した男とも別れ、無理がたたり、セックスができない体になってしまうジョー。

面白かったのはこのあたりまで。
普通の会社勤めができなくなったジョーが裏社会へ入るあたりから、ちょっとトーンダウン。
新しい局面が出てくるものの、それに介入してくる少女に魅力を感じなかったせいもある。

途中、話の聞き手であるセリグマンという老人の秘密が明らかになり、ああ、だからこそ彼がこの話の聞き手なのだなぁ、と思っていたら、最後にちょっと予想はできるもののブラックなオチ。
ん、まあ、仕方ないよね。ちょっとセリグマン氏が気の毒な気も。

セリグマンが言った言葉・・・もしジョーが男だったら。
別に非難はされないだろう、女だから周囲から非難され謗られる、という台詞には納得。
男性なら合法的はけ口もたくさんあるしね。
そこまで理性でわかっていながらも、所詮人間は衝動には弱いものなのか。
勝てないのかね~、理性ってやつは。



nice!(1)  コメント(0) 

FM AICHI 45th Anniversary Special Live [TarO&JirO]

FM AICHI 45th Anniversary Special Liveとやらで、またもやTarO&JirOが名古屋でライブをしてくれるそーな。
うそ・・・名古屋出身でもないのにこんなに名古屋に足しげくやってくるアーティストが他にいるだろうか、いやいない。
しかも奥さん、12月24日ですってよ。
ふっ、子どものころクリスマスプレゼントなぞもらったことなかったけど、この歳になってもらえるとは。

ああ、でも当たれば、の話である。


FM AICHIは今年、民放FMステーションとして初めて、45周年を迎えます。 そこで、今年1年間のアニヴァーサリー・イヤーの集大成として、開局記念日・クリスマスイヴの 12月24日(水)午後6時30分から、Zepp Nagoyaにて、 「FM AICHI 45th Anniversary Special Live」を開催! 「WEAVER」、「家入レオ」、 「→Pia-no-jaC←」、「Rihwa」、 「TarO & JirO」と 「シークレット・アクト(当日発表)」が、 熱いライブを繰り広げます。 (出演順は事前発表いたしません。) FM AICHIでは、日頃の感謝をこめて、 このイベントに800組1600名様の FM AICHIリスナーをご招待!

zeppなので招待人数は多いものの、Rihwaって人以外は音楽業界に疎いわたしでも知ってる名前ばかり。競争率高いかな?
まああと、年齢の問題があるよね・・・遠い目。
ピアノジャックは以前健くんが出ていたスニーカーのCMで聴いて、かっこういいな~と思っていた。是非とも生で聴いてみたい。
シークレット・・・誰なんだろうね?
こういうのってファン筋にはなんとなく広まるものなのかしら??
希望は・・・うーん、久々にシカオちゃん聴きたいかも!

ところで、である。
実はわたくし、昨夜妄想の翼を広げておりまして。
Taro&JirOが人気が出たらどんな場所でライブをすることになるのか、ということについて考えていた。
会場の規模が大きくなっても、アコースティックバージョンでないかぎり、椅子席のある会場はないよなー、じゃあやっぱZepp?うん、Zeppならいいかな~
などと考えていたのですね~
恐ろしいですね~
予知能力が備わったのだろうか。

ま、とにかく無心に応募ボタンをぽっちり押しておいた。
当たりますように!
nice!(0)  コメント(2) 

東京さんぽ [日記]

タロジロライブの翌日。
早起きして渋谷へ。
ヒューマントラストシネマ(座席がゆったりしていていい映画館だったな~)でニンフォマニアックを見た後、さて、時刻はお昼時。
原宿方面へ行けばなんかあるのかな、とお店がつらつら並んでいる通りを歩く。
で、わたしはいったい何が食べたいのか・・・
今回東京についてからろくなものを食べていない。

ライブ前は焼きそばパンを頬張り、ホテルに戻る前にコンビニで水1.5リットルとバナナ(笑)を買った。
こういうときインスタント食品が苦手だと困るんだよなー
朝は映画館のホットドッグとコーヒー(あ、でもこれ存外美味しかった)。

DSC_0801.JPG

うーん、魚・・・和食な気がする。
と思って歩き、見つけたのが隠田 一甫というお店。
地下にお店があって、サラリーマンやら外国人客でにぎわっていた。
煮魚定食を食べる。おいしい~
ただ灰皿が置いてあったので、タバコ吸う人が何人かいると厳しいかな。
たまたま誰も吸っていなくてラッキーだった。

満足してパン屋を求めて歩く。
が。
今回地図アプリなどでパン屋を探し、歩けそうな範囲の中で二件ピックアップしていたのだが、目指す一件目は一度行ったことのある店だった・・・
名前いちいち覚えてなくて。
確かこの店のパン、ダンナの評は「フツー」だったなぁ。
とそこを素通り。

DSC_0802.JPG

明治神宮は鳥居だけ。笑
また今度ゆっくり。代々木公園に沿って歩く。
通るは車ばかり。人は少ない。て、皆公園内を歩くから当たり前か。

途中予定外のドイツパンっぽい見てくれのパン屋を見つけてはいるけれど、普通だった。
でもライ麦パンとパイを買う。
そのまま商店街を歩くとshimaと言う珈琲専門店を発見。
階段をとんとん二階へあがると、かわいらしくも落ち着いた内装。
Bブレンドの普通を注文。
うーん、濃いめを頼んだほうがよかったのかな。
ブレンドらしい飲みやすさではあるけれど、凡庸な味。
まあでもブレンドってこんなものかな。

そしてカタネベーカリーへ到着。
住宅街にひょこっと存在。危うく通り過ぎるところだった。
店が狭いということもあるだろうけど、平日昼間に交通の便もいいとは言い難いこのお店、お客さんがたくさんいた。
いくつか購入。

さて、どのJRの駅に行こうか、と迷うも、けっきょく出発駅の渋谷へ。
途中こんなへんな二階への入り口を擁する一軒家を見つけたり。

DSC_0804.JPG

静かな住宅街をプラプラと。
そのうち鍋島松濤公園なる公園にたどりつく。
こじんまりしていい感じ・・・と思いきや、残念、池は清掃中でほとんど水が入っていなかった。
遊具のほうは子どもがかなりの数走り回っていて。
ああ、なんかこんな風景久しぶりに見たな。

nice!(0)  コメント(0) 

長澤知之“IN MY ROOM”TOUR 2014 [長澤知之]

於 今池TOKUZO 2014年11月19日

今気づいたんだけど、“IN MY ROOM”TOUR 2014ってことは、2015もあるのかしら?

長澤くんがもっとリラックスした状態で・・・自分の部屋にお客さんを呼んで音楽を楽しむような状態を、というコンセプトのもとに始まったIN MY ROOM。
東京でのみ月イチで行われたこのライブが、ようやくツアーと相成りまして。
幸運にも6月の月見ルには参加できたものの、あの時は自分が旅行気分なのであんまりお部屋に呼んでもらってリラックス、という感じではなかった、実は。
や、もちろんライブは楽しかったんだけど。

今回は我が町名古屋にお迎えできて本当にうれしい。
「緊張してたけど、はじまったら楽しくなってきた」
「実は名古屋に住んでるんだよ」
といううれしい言葉でライブスタート。

TOKUZOは普段テーブルと椅子が並んでいて帰るときに飲食代を精算するシステムなんだけど、今回は入場時にドリンク代要、というのでもしやテーブルがないのか?と入場すると。
ステージ前から10枚×3列、床にシートと座布団が!
4列目から椅子がぎっちり並んでいる。
最前列はすでに埋まっていたので「床に座るのは老体に響くぞなもし」と椅子席の真ん中あたりに座る。
それでも十分近い・・・そして長澤くんが出てきて気が付いた。
彼があぐらをかいて座ると目線が・・・がっつり・・・合うんですけど。
見えてますか?見えてましたか?気のせいですか?思い過ごしですか?幻覚ですか?

以下曲目演出等触れております。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 

ニンフォマニアックvol.1 [映画]

幼少時代から性に執着していたジョーは、行き倒れているところをセリグマンという老人に助けられる。
そしてその生い立ちを語ることになる。

vol.1ということで、もちろん2もある。
一応1の最後が気になる台詞で終わっているので、2もちゃんと見ないとね。

色情狂と一口にいっても、ジョーを演じるシャルロット・ゲーンズブールにはイカれたニオイはしない。
幼いころからの性癖やら処女喪失、数えきれないほど繰り返される痴態を語る姿は、冷徹な哲学者といった風情すらある。
そしてその遍歴の語り口は軽妙。
思わず笑ってしまうシーンも多い。あれ、これどっちかというと欲情するよりはコメディ・・・?
とにかくエロを期待する男性にとっては肩透かしもいいとこなんじゃないかと。

1では若いころのジョーをステイシー・マーティンという子が演じているのだが、なんか痩せすぎていて痛々しい。
頬骨が、気になる。ふっくらすればかわいいのにな。役作りだったのか?
そしてジョーが唯一執着する男、シャイア・ラブーフの良さがわからない!
いや、決してこの俳優さんが嫌いというわけではなく、この映画の中の役どころの話ね。
これは女として理解に苦しむ。

久しぶりに顔を見たクリスチャン・スレイターはジョーの父親役。
この映画の中では奇跡的にまともな人。
そのかわり、というようにままならない人生の最期を娘に見せつけることとなる。
そしてジョーの不倫相手の奥さんのユマ・サーマン!
男性は下手なホラーよりもこんなシチュエーションのほうが怖いはず。

まあ家族とか恋人同士で見るには少々ハードな映画だけど、けっこう面白かったな。
好き嫌いは分かれると思うけど。

nice!(0)  コメント(0) 

タロジロが名古屋にやってくるよ [TarO&JirO]

最近タロジロばっかじゃないか、と言う噂もありますが、やれなんだ?それがどうした?と歌い飛ばしてしまうのだ。
うん、病気だから。
タロジロのことばかり言ってダンナにへんな顔されると「ごめん、病気だから」を言い訳にしています。
つける薬は、ない。
ということで名古屋近辺のイベント。


Act Against AIDS 2014 LIVE in Centrair
●11月29日(土)
会場:中部国際空港 セントレア 4Fイベントプラザ

15:00~「SATURDAY GO AROUND」の公開生放送
大原櫻子/TarO&JirO/吉田山田

大変ですよ。櫻子ちゃんと吉田山田って。
若い子いっぱいになっちゃうんじゃない?
順番次第ではなんだか大変なことになりそう。
いちばん最初にやってほしい・・・多分最初じゃないかな・・・最初にしてください・・・

セントレアは名古屋駅から特急に乗れば40分弱。歩いてすぐみたい。
みたい・・・、そうわたくしセントレアには未だ一度しか行ったことがない。
しかもその一度は友人が車出してくれたから電車で行くの初めてなんだよね。
ああ、名鉄電車・・・緊張する←名鉄苦手
車で行く人はコストコ渋滞にお気を付けください。

そしてもうひとつ。

TarO&JirO 1st Full ALBUM「Piranha」発売記念 ミニライブ & サイン会
初ののフル・アルバムをひっさげて名古屋でミニライブ&サイン会開催!!
さらに、ZIP-FMレギュラー番組「TAROJIROCK」の公開録音も行います!!
開催日時
2014年12月13日(土)14:00~
場所:名古屋パルコ店 名古屋パルコ西館1F イベントスペース

タロジロさんのことだから、ミニライブとか言っておいてビッグなライブをぶちかましてくれると妄想しております。
そしてラジオの公開録音て。大丈夫なのか。なんかいろいろ心配(主に滑舌が)。
そして動くブラファイがとうとうこの目で見られるのか!?

そういえば昨日のTAROJIROCKでメッセージが読まれたんですよ。
これで二度目。一度目は名前をふせて投稿だったけど、今回は下の名前は読んでも可、にしたわけだ。
・・・ラジオで大好きな声で名前呼ばれるって、すんごい照れる。
HNとかは今までも読まれたことあったんだけど、ZIPFMは本名なので。
うわー、ちょっとリピートして聴いちゃう。
でもわたしの名前、ちょっと言いにくいんだよね。ごめんね、言いづらくて。
ということで昨夜からニヤけた顔がもとに戻らない。どうしてくれよう。
nice!(0)  コメント(0) 

PLAY VOL.14 [TarO&JirO]

於 渋谷La.mama 2014年11月11日

まずはセトリ

Snake bite
Silent Siren
時限爆音
つま先
Aneurysm
Superstition
大人の運動会
Piranha
Right There
Cube
What A bird's ever seen
ペロレラレボリューション

イベントで数曲ずつ聴いて余計に欲望が高まったわたしは暴走。
渋谷まで行ってまいりました。
てっきり大石さんの企画と思ったら、会場のLa.mamaさんの企画なんだそうで(大石さん談)。

ジャカルタから帰ったばかりのタロジロさん、お腹壊したそうで、マネージャーに「おまるここに(ステージ中央を指さし)置いといてって言ったじゃん!」とジロさん。
いや、まあ、せめてドラムセットの陰にしてください。

こんにちは!とあいさつしたタロさん、ライブは夜からなのにこんにちははおかしいか。
今何時?(ミュージシャンは曜日の感覚どころか時間の感覚も麻痺していくのだろうか)
改めまして、こんにちは!
と天然ぶりを炸裂させたタロさんがとっても愛おしいのであった・・・

今回、何故だか最前列のジロさん前に立ってしまい、近すぎてちょっと緊張してしまった。
でかいのに前にいてごめん。
普通に顔をあげるとちょうどギターがどかんと目に入る高さで、ジロさんの指が魔法のように動くさまを観察。
んでなんか息止めて見ちゃうので苦しくなってタロさんを見る、というよくわかんない状態だったなー

ライブはですね、もう「かっこういい・・・」とため息交じりにつぶやいてぱったり地面に倒れこむ、そんな稚拙な感想しか出てきません。
ライブって人によっては「音楽を聴きに行ってるんだから顔が見えなくてもいいじゃん」という人もいるんだろうけど、タロジロさんの場合は見なきゃダメだね、ありゃ。
子どものころから人前で歌ってきてるだけあって、どうすれば場が盛り上がるか、格好良く見えるか、楽しませられるか。
そいうことが体に染みついてるふたり。
パフォーマンスのすべてが魅力的なんである。

ピラニアからBEGINのツアーでドラムを叩いている国場幸孝さんが入る。
もちろんキックドラムもいいんだけど、やっぱドラムの音が入ると一気に華やぐよね。
ビッシビシに締まります、ピラニア。
今後はやっぱりドラムを入れてライブ、と言うケースが増えるのかな。

あっという間の1時間ちょい。
でも大満足だった!


続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

BOMBER-Eは実はすごい番組だった [TarO&JirO]









ライブにでかけたはいいものの、その日ってBOMBER-Eの放送日じゃん、リアルで見られないじゃーん!録画するけどさ。

と思っていたら収録当日歌った曲全部どーんとyoutubeで見られるという。
何それ、メ~テレすごい。
ハナサブ大興奮ですよ。LINの掲示板が盛り上がるのなんのって・・・
とくにカメラワークが素晴らしいと皆大絶賛。

わたしはメインカメラの横だったから見えちゃったんだけど、ものすごく細かいカット割りの台本があるのですよ。
照明さんも同様なんだろうな。
あの細かさをきっちりこなすカメラさんも照明さんも素晴らしい。
カメラのコードを持ってカメラワークの邪魔にならないように動いていた彼女も大変だったね、ありがとう。
いやあ、名古屋のテレビ局、全然東京に負けてない。
うん、見直した。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。