So-net無料ブログ作成

ドロンワーク [日記]

お気に入りのリネンのブラウスに穴が開いてしまった。
夏のもので、ハイシーズンには週に二回くらいは着ていた。
腰骨とカバンが当たるところが擦り切れてしまったのだ。

去年の夏の終わりにそのことに気づいて、ワッペンでも貼る?と探したのだが、ワッペンってあれだ、子どもむけのばかりなんだね・・・
キャラクターものとか、カラフルなものばかり。
白なので白のレースっぽいワッペン、と思っていたのだけれど。

どうするかなぁ、とずっとことあるごとに考えていたのだが、先日図書館で借りた古い雑誌に、抜き糸刺繍なるものが載っていて、これだ!とひらめいたのである。
抜き糸刺繍・・・調べるとドロンワークというらしい。

はじめてのドロンワーク
西須 久子
文化出版局
売り上げランキング: 61,004


雑誌では細かいところがわからなかったので、この本を購入。
白地に白糸で刺繍・・・なんと慎ましい!乙女だわ!
綿やリネンの糸を抜いて、それに刺繍をするものなのだが、ちょうど穴あきに使えそうなものもあって、それにチャレンジ。
穴の開いた部分を切り、まずはボタンホールステッチ・・・

う、う、う、なんかお手本通りにきれいなステッチにならないなぁ。
まあいいや、糸を対角線上に張って、糸をぐるぐるくぐらせて・・・あう?
糸がたるむ!のわー!

ええ、自分が裁縫苦手なこと、忘れてたんですよね。
決して不器用な方ではない・・・編み物は得意なんだけどなぁ・・・
どうもむかしから裁縫が苦手で、基本的なこと以外は全然うっちゃったままこの歳になってしまった。

まあちょっと言い訳すると、すでに二年着て洗い倒したブラウスなので、生地自体がかなり薄くなっていて、刺繍が重くてヨレヨレになった、というのも原因のひとつ。
三度ほどやり直してそれでもうまくいかず、おいおい嘆いていたらダンナにあきれられた。
「だってこのブラウスがなかったら今年の夏どうやって過ごせばいいのか!」
と訴えると新しいの買えばいいじゃん、と言われた。

ま、そーなんだけどさ、似たようなのがみつかるとは限らないじゃん。

どのみちこの刺繍が素敵すぎて恋しい気持ちは変わっていないので、ちょっと練習しようかなぁ、と思っているのだった。
だって本、お高かったもの・・・
がんばる、わたし負けない。
nice!(0)  コメント(0) 

プリズナーズ [映画]

穏やかな感謝祭の日、ふた家族が集い楽しい時間をすごしてた。
しかし両家族の子どもたち・・・6歳と7歳の少女が忽然と姿を消す。
容疑者はすぐ捕まったものの、10歳程度の知能しかなく、証拠もないためすぐに釈放されてしまう。
少女の父親ケラーは納得がいかず、容疑者の男を拉致。娘の行方をさぐる。

原作なし、完全オリジナルのクライムサスペンス。
2時間半を超える長尺があっという間の濃密な時間だった。

少女の父親、ケラーにヒュー・ジャックマン。
長男に対して「常に最悪に備えろ」と教えるアメリカの強い父親像の典型のような人物。
家族を守る意志にあふれ、また実際そうしてきた男。
しかしまったく進まない捜査に怒りが爆発し、違法かつ異常な手段で事件を調べていく。

ケラーとはまったく別のアプローチで捜査するのがロキ刑事。
こちらがジェイク・ギレンホール。若いが敏腕で正義感にあふれた人物設定。
ケラーに同情しつつも彼の暴走には手を焼く。

多少スピード感にかける部分もあるものの、信心深く善良な父であるケラーが、娘のために他人に制裁を加える残酷さ・・・人を痛めつけながら自分の傷つく様子には心が痛む。
そして同じように娘がいなくなった友人夫婦の対応がまたシビア。
やっぱ女って怖い。

全編ひとりきりで捜査を続けるロキの孤独感(アメリカって一人での捜査って珍しくないのだろうか?日本だと基本ふたりじゃないとダメかと)も相当なもの。
基本的に彼は誰にも何も相談しない。ただ正義感のみに突き動かされて捜査しているけれど、ありがとうの言葉だけで彼は救われるのかなぁ。

理性や限界というタガを外すしかなかった男たちの悲劇の物語、とも見えるような。
まあ一応終わりは丸く収まっているけれど、後味はなんとも言い難い。
こういうテイストの映画ってなかなかないから面白い。
地味に公開されてるけど、サスペンス好きにはおすすめ。



nice!(0)  コメント(0) 

育ってます [土いじり]

4月にベランダの植物のことを書いた>>GO
途中経過。

あれからきゅうりと唐辛子の苗をひとつずつ買い足した。
我が家は基本的に辛い物を作らないので、タカノツメはめったに使わない。
でも漬物系ってわりとタカノツメをいれるレシピが多くて。
そのために買うのもな~と思っていて、じゃあうちで育てればいいじゃん!と思ったのである。
さてはて、今のところはそれなりに育ってるけど、どうかな。
ちょっとアブラムシがつきはじめてるし。

きゅうりはぬか漬けに使いたいので。
この家に越してきてからどうも野菜がうまく育たなくて、きゅうりはとくにすぐ枯れてしまっていたんだけど、今年は順調。
というか、葉に栄養行き過ぎで実がならないパターンかしら、と危惧するほどに葉が大きい。
一応実はできてるけど、大きくなるかなぁ。

DSC_0651.JPG

そして予想外にぐんぐん育っているのがすいか。
わたしの予想ではいの一番に枯れると思っていたのに!

DSC_0648.JPG

写真ではわかりづらいけど、今のところ枝が5本くらいに分かれている。
枝一本につき実は一個にしてください、と札に書いてあったけど、5個収穫できるのかしら~あはは~

丸坊主にしてアジアンタムはご覧のとおり、すっかり美しい姿を取り戻した。
いや~もう、鉢の汚さが気の毒なくらい爽やかな緑・・・

DSC_0646.JPG

そのほかミニトマトも実がなりだしているし、バジルもそこそこ順調。
怖いのは梅雨の日照不足。
梅雨前に丈夫に育ってくれればいいけど。
nice!(0)  コメント(0) 

サンブンノイチ [映画]

テレビで放送していた漫才ギャングが意外に面白かった(ダメなとこも多かったけど)ので劇場へ。

金にドン詰まり、一発逆転を狙って銀行強盗ををしたキャバクラ「ハニーバニー」の店長シュウとボーイのコジ、常連客のケン。
盗んだ金は三等分するはずだったが、取り分でもめだしてしまう。

話そのものは面白い。
誰が誰をだましているのかだまされたフリをしているのか裏でつながっているのか。
とっても面白い密室劇になるはずが、テンポはかなりわるい。もたつく。
こういう話はテンポってかなり重要なのでそれで面白さが半減。もったいない。

窪塚洋介が怪演。やっぱりこの人はうまい。
そしてラストの締め方。
誰もすっきりと幸せになれないところが、日々真面目に?働いている身としては「ま、トーゼンよね」と納得できて、わたしはけっこう好き。
映画館でみるほどのものではなかった、というのが正直な感想か。
nice!(0)  コメント(0) 

赤×ピンク [映画]

都内の廃校で非合法に行われる女だけの格闘技ショーが舞台。
エロと暴力と女の子のパワーに満ち溢れた物語。

予告を見たときに、あまりにB級っぽい内容とタイトルにドン引きしたけれど、ちょっと面白そうだなぁ、と思っていて。
したらばチラホラ「すっごくよかった!」との声が聞こえてくるので見に行った。

メインのキャストは4人。
性同一障害をかかえる芳賀優里亜(カラマーゾフの兄弟に出てた) 演じる皐月、夫の暴力から逃れ、皐月と恋に落ちる千夏に多田あさみ。
ボンテージが妙にはまってるミーコに水崎綾女(最近売出し中ですな。去年エキストラにいったドラマでおみかけした)、そのミーコを慕うまゆに小池里奈(リバースエッジのC級アイドル・・・)。

ま、突っ込みどころは満載ですよ。
あのキャットファイトはどう勝敗をつけるのか、そんなにメンバーもふえるわけじゃないのに同じような対決であそこまで観客が盛り上がるのか、ていうかVIP席のキャバクラみたいな接待はいったいナニ?等々。
けれど自分という存在を持て余して悩んでもがいて、どうしようもない衝動を格闘技にぶつける。
うん、けっこう嫌いじゃない。
それぞれのコスプレもまた楽しい。
そしてなにより格闘シーンは見応えがあった。

どうやら監督の坂本浩一という人は、もともとアクション畑の人のようで。
有名なところだと仮面ライダーにも関わっているらしい。
さすがにそのあたりはしっかりしている。
ただしこの内容で120分ちかい尺はダレる。
一時間半で十分。
ひとえにこれは男性客向けのサービスショットが多いせい・・・仕方ないか。
個人的には榊英雄がDV男で変態丸出しの役だったのが楽しかった。
もうちょっと彼のアクション見たかったなー
あと、品川祐がやたら格好いい役だったんだけど、ナゼ?

VERSUS ヴァーサス [DVD]
VERSUS ヴァーサス [DVD]
posted with amazlet at 14.05.21
ケイエスエス (2002-04-26)
売り上げランキング: 28,983

榊英雄と言えばこれですよこれ。
格好よかったのだなー
nice!(0)  コメント(0) 

すぐ覚えちゃうのね [日記]



先日録画しておいたリバースエッジを見た。
マキタスポーツ演じるリストラされた冴えない中年男が、今でも忘れられないC級アイドルを探してほしい、という内容だった。
で、そのアイドルがこんな歌を歌っていたわけだ。

ああ、いや、こういうの、耳に残っちゃう。
本当に忘れないわ~
nice!(0)  コメント(2) 

刈谷探訪 [日記]

刈谷市美術館へレオ・レオニ 絵本のしごとを見に行ってきた。
色がきれい。
絵に立体感があって温かみを感じるのは、貼り絵の手法を使っているから。
ていねいな仕事。

DSC_0638.JPG

グッズが豊富でついいろんなものを買いそうになったけれど、我にかえってポストカードのみに。
このカメレオン型のポストカードかわいいでしょー
友人の子ども宛に送ろうかなぁ、と思っている。
このカメレオンはかなり気に入ったので、普通の形のカードも買った。
あー、でももうちょっとカード買ってもよかったかも。
コンパクトミラーもやっぱ買えばよかった。
実は額装のポスターも迷ったんだよね・・・あう。

お昼はサンダンスというハンバーガー屋さんへ。
満員だったので少しだけ待たされてから入店。
アボカドの入ったバーガーを。
・・・うん、普通かなぁ。パテに個性がないというかパンチがない。
もうちょっと塩コショウきかせてもいいと思うけど。
スペアリブはおいしかった。

刈谷のハイウェイオアシスで野菜を買って帰ろうとしたけれど、15時過ぎというのに駐車待ちの列。
あきらめて帰宅。
未だにここってこんなに混むんだなぁ・・・

nice!(0)  コメント(0) 

百瀬、こっちを向いて。 [映画]

パッとしない学生生活を送っているノボル。
幼馴染で同じ高校の先輩、宮崎と久々に顔を合わせると、百瀬という女の子を紹介され彼女と付き合うフリをしてほしいと頼まれる。
宮崎は徹子という女子と付き合っているいるのだが、百瀬と二股をかけている、と噂がでており、それを払拭するためにノボルをカモフラージュに使おうというのだ。
宮崎に恩義を感じているノボルは断りきれず、百瀬と表面上付き合うことになるが。

冒頭の百瀬がノボルを振り回す様子が楽しい。
手汗がひどくてキモいと言ったり、昼を一緒に食べようと押しかけてきたり、一緒に帰ろうと誘いながらも、校門から一歩出るとカモフラージュの時間は終わりとばかりに走り去っていく。

ちょっとハーフっぽい顔立ちにがっしりした体型の百瀬と、ひょろっとしていつも所在なげなノボルの対比がすごく面白い。
このノボル役の竹内太郎くんとやら、わたしは初めて見る顔なんだけど、ぬぼーっと眠たそうな顔の、いかにも教室の片隅にひとりふたりはいそうなタイプ。
右往左往する様子がとてもかわいい。
公式サイトを見るとちゃんと美青年なのね。
その点では大人のノボルを演じた向井理と同じタイプか。
もっさい男も演じられる美形な俳優っていいと思う!

ノボルにはとことん強気な百瀬だけれど、好きになった先輩に対しては臆病というか。
一瞬でも通じ合えれば二番目でもいいだなんて、十代の女の子の考えることじゃない気がするけどね~

山崎役の工藤阿須加くんは工藤公康の息子さんだそうで。
そういや八重の桜で八重の弟役だった人・・・全然気づかなかった。
この映画はこの若い男の子ふたりがとってもよかった(や、女の子もいいんだけど)。
ノボルに尊敬してます、と言われた時の表情の壊れ方がよかった。

淡い美しい春の光。
振り向きそうで振り向かない短い髪の少女。
肢体のアップ。
何もない空。
瑞瑞しい映像というのはこういうことなんだろうなぁ、と自らのそう美しくもない高校時代を思い出したりなんかして。

それにしても裏でちゃんと計算ができる女ってすごいわ・・・
nice!(0)  コメント(0) 

WOOD JOB!~神去なあなあ日常~ [映画]

WOOD JOB、はウッジョブと読む。
三浦しをんの小説を矢口史靖監督が映画化。
原作をかなり脚色しているけれど、とてもうまくまとまっていると思う。

大学受験に失敗しまた勉強するのもかったるい、進路が決まった友達とは距離を感じる・・・
そんな勇気の目にとまったのが1年間の林業プログラムの美女。
軽いノリで都会から電車を乗り継いでやってくると、そこは一日に数本しか電車がやってこない山奥。
なにより携帯電話が通じないって、なんだよそれー!!

根はいいやつなんだけどまともに挨拶もできない現代っ子を、染谷くんがまさに等身大で演じている。
彼のでれっとした顔って愛嬌あるなぁ。
夢なんて目標なんて考えもしなかった彼が、山の仕事の面白さに気づきはじめて、目がキラッキラ輝きだす。
そのあたりは見ていてとても共感できるし、自分もそういう仕事にめぐりあっていたらなぁ、とちょっとうらやましく思ったり。

三重県美杉町(いつの間に村から町になっていたんだ・・・・)の雄大なロケーションもよかったし、クライマックスの祭りのシーンも笑えた。
伊藤英明もイメージ通りのヨキだった。
長澤まさみもよい。

なのに、なんかどこか物足りないものを感じるのは何故。
ちょっと期待しすぎたかなぁ。
綺麗にうまくまとめすぎの感じはある。そのあたりかなぁ・・・
nice!(0)  コメント(0) 

るろうに剣心 予告編 [佐藤健]



このあいだの土曜日に109シネマズ名古屋へ行ったとき、るろうに剣心の前売はどんなもんかしら、とチケット売り場をのぞいてみると、クリアファイルのおまけが品切れ中だった。
たくさん売れてるのかしら~
そして予告編も流れてウキウキしていたのだが、本予告編が出来上がっていた。

いや・・・っ!
かっこういい・・・!!
どうしよう・・・!!!

でもひっそりと滝藤さんのビジュアルがものすごく気になってる。デコ広い。
前売りは買ったし、試写会にも応募したし、おろマイルも毎日貯めてるけど、これ以上どうやって公開日まで過ごせばいいのだろう。

そして昨日はビター・ブラッドの放送日。
あのわたしにとっての悪夢の2話はなんだったのか、というほど復調。
4話は踊る大捜査線のオマージュ作品ともいうべき仕上がりで面白かった。
そして昨夜の5話もかなりコメディタッチへ加速しててゲラゲラ笑ったわ。
この調子でどんどん面白くなっていけばいいなぁ。

主題歌のMVも公開。
健くんがチラチラといい塩梅でうつっております。美しい。


このMaydayというグループ、台湾の人たちらしい。
日本語の歌詞が歌いにくそう・・・
全部英語で歌った方がカッコいいかもね。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。