So-net無料ブログ作成

2014春のドラマ [日記]

映画も好きですがドラマも好きなのだよ。
ということで春ドラマのことなど。

俺のダンディズム
出身高校が同じというだけで、一方的に応援している滝藤賢一主演。
真面目にコツコツ働いてきた段田は、お気に入りの女子社員が「ダンディな人が好み」ということを知り、ダンディな男になるためその道をさぐるお話。
まあくだらないといえばくだらないが、初回は時計のお話で、いろいろな薀蓄もかませながら、怪しい雰囲気たっぷりのマダム(森口瑶子)が段田にダンディ道をレクチャー。
普通のサラリーマンが奥さんに相談もなしに60万もの時計を買うなんて、おとぎ話だよな~と思いつつも、意外と勉強になるドラマ。
二話は万年筆がテーマだそうで楽しみ。


BORDER
死者と会話できる刑事の話、と聞いて「大丈夫かテレ朝!」と思った人は多いに違いない。
しかしふたを開けてみれば一話と二話のまったく違うアプローチでなかなかに魅せるドラマ。
次回がどんな話かワクワクする刑事ドラマは久々かも。
今クールでいちばん面白い。

リバースエッジ 大川端探偵社
もうゴールデン主役は嫌だ、とオダジョが言ったとか言わないとか。
でも確かにこの人、深夜で胡散臭い人をやらせるとこれ以上ないくらい変なオーラを発する。
探偵事務所の壁に何故か国芳の絵がバーンと。
ちょっと不思議な能力(予知夢?)を持った人っぽいけど、壁の絵のせいか違和感がない。
ん?現実感がないのかな。ある意味深夜ドラマらしいドラマ。


神谷玄次郎捕物控
NHKのBS時代劇。
主演の高橋光臣氏、経歴によると顔を数回は見ているはずだけど記憶なし。
最近の俳優さんにしては珍しくカツラがよく似合う。
剣の達人という設定で、殺陣もちゃんとしてるし、着物の着くずしかたが非常にうまい。
裾捌きとか誰に教わったのか、いかにも江戸っ子っぽくて鯔背。
珍しく色っぽい役の中越典子もいい。音楽も渋い!
5回で終わってしまうのはもったいない。

そしてビター・ブラッド
初回は面白かった!オープニングの映像も音楽もスタイリッシュ。
昭和の現実離れした刑事ドラマって感じで笑いのツボもちゃんと押さえていた。
しかし二話が・・・豪華な俳優陣を全然うまく使えずに添えてあるだけ。
原作は事件がひとつで一冊。要は事件そのものはほぼ全部ドラマ版のオリジナルなわけ。
これは相当しっかりした脚本を書ける人を使わないとキツイよね・・・
親子刑事ってことにしばられちゃってずいぶん窮屈な内容になってしまった。
もちろん、単なる佐藤健ファンとしてはお楽しみポイント満載だけど、ドラマの出来としては今後とっても不安。
最後まで見るけどね!


初回を見てリタイアしたドラマ。
MOZU
今後の展開が気になるけれど、やたらに喫煙シーンが多いことに閉口。そんな安直な演出ばかりじゃ見飽きるかな、と。続きはWOWOWで放送だから最後まで見られないし、というのもある。

続・最後から二番目の恋
序盤はよかったけど後半が退屈。やはり無理に続編を作るとこうなっちゃうのね。

アリスの棘
まあぼちぼちよかったけど、続けてみるほどのことはない。

TEAM-警視庁特別犯罪捜査本部-
決め台詞が少し鬱陶しかった。

Smoking Gun~決定的証拠~
映像がチープすぎて泣ける・・・

その他
ダンナが見てるブラック・プレジデントはちょいちょい見てる。
会社ってのは一概にブラックとかホワイトとか決められないもんだよな~、と。
ま、世の中なんでもそうだけど。
nice!(0)  コメント(0) 

手軽すぎてこわい [日記]

我が家はクレジットカードをかなり利用している。
今使っているカードがもうすぐなくなってしまうので、メインカードを新しく作らなくてはならない。
あーでもないこーでもない、と去年くらいからことあるごとにダンナと相談はしていたのだがなかなか決められずにいたが、先日ようやく「ここにしようか」と話がまとまった。
ネットのポイントサイト経由で申し込むとキャッシュバックがあるのでそちらから申し込むことに。

てっきり申込用紙が送られてくるのかと思いきや、いきなりそのまま申込みの画面が現れた。
ふーん、ペーパーレスな時代なのね~
と処理をすすめていく。
さすがに銀行口座の登録は用紙を送ってくるかと思えば、こちらもペーパーレス。
すべてがネットだけで手続きが済んでしまった。

通常、ショッピングローンとかカードを利用するときは、コールセンターから申し込み時に登録した電話番号へ確認の電話が入る。
わたしがこういう業界でちょろっと働いていたころは、職場への在籍確認がカード発行のためには必須。
ちゃんと本人と電話で話し、カードの発送時期などを説明していた。
今回も当然ダンナの会社へ電話がかかってくると思い、ちゃんと聞いておいてよ~
なんて話していたのだが。

申し込んだ翌日、メールをチェックすると「審査結果のお知らせ」というタイトル。
記載されているURLに問い合わせ番号を入力すると状況がわかるようになっているのだが。
「カード発送の手続きに入りました」

ダンナは「電話なんてかかってこなかったよ~」と言う。
まあこのカード、発行元は以前メインとして使っていたことがあるカード会社だし、うちのメインバンクの系列でもある。
そこらへんから発行しやすかったのかもしれないけど、あまりに簡単にカードが発行されすぎて少し怖い気がする。
そしてそこまでが異様に早かったにも関わらず、一週間たつがカードが届かないって。笑
早く変更の手続きしたいのにな・・・
nice!(0)  コメント(0) 

月見ルでお月見はまたできないらしい [長澤知之]

長澤くんのライブ、IN MY ROOM。
4月に引き続き今月も外れた。
行きたい人はたくさんいるだろうし、といつも一枚で申し込むところを二枚で申し込んでみたが駄目だった。
ところで月見ル君想フのキャパってどのくらいなんだろう、と調べたらスタンディングで150、着席だと60だって。
そりゃ外れるよね・・・
いつかは青山でお月見したいもんです。
お友達に当たった人がいるので、彼女の報告を楽しみに待っていよう。


で、なかなかライブに行けないようなことをいっておりますが、実は去年からオーガスタの新人、浜端ヨウヘイくんのライブには行っております。
年末と2月に豊橋、3月に岐阜。
4月は松阪であるけど、ここは秦くんの時にいったことのあるライブハウスで、車でないとちょっと大変なことがわかっているのでパス。松阪遠いのよ・・・
で、5月はTOKUZOでまたやってくれる。

ええ、オーガスタの術中にはまっておりますわよ。
けっきょくわたしはギターひきながら歌う男の人が好きなんだよね。
前世でなにかあったのかしら。
またデビューしたて(あ、まだ正式にはしてないのか)の歌い手さんが紆余曲折しながら成長する姿を見るのはとても楽しい。
まあたまにわたしの好みとは離れていく人もいるけれど、それはそれでいい。
ヨウヘイくんはライブ大好きな子(とは言っても30歳だけど)なので、ちょいちょい楽しめそうでうれしい。
サカエスプリングでないかな~

とはいえど、やっぱり長澤くんは特別な存在なので、彼のライブにせめて3か月に一度くらい行けたらいいのにな、と日々夢想しているのであった。




本当はスーパーマンはりたかったど、映像があまりにアレだったのでバラードを。
nice!(0)  コメント(0) 

撮影のあと [日記]

ふと、去年エキストラ参加した某大学の映画ってどうなったんだろう、と思い出し、調べてみるとfacebookのページが立ち上がっていた。
撮影したのは9月。まだ真夏の日差しが照りつける炎天下でロケ。
主要キャストの女の子が、色白のとても綺麗な子で、その子のノースリーブの肩がどんどん赤くなっていくのがとてもかわいそうだったという・・・

いい加減できあがったかと思っていたが、まだまだ編集していて、アフレコなんかもしている模様。
時間のかかるものなのだなぁ。
面白い映画になっているといいな。
nice!(0)  コメント(0) 

ベロンベロンを期待していた [日記]

知人から韓国旅行のお土産として、足裏の角質除去パックをもらった。
靴下型になっていて、しばらくはいて洗い流すとあら不思議、数日後から余分な角質が剥がれ落ち、かかとツルツル!ってヤツである。
以前からそういう商品が出回っていることは知っていたし興味もあったけれど、わざわざ買うまでもないか~、と思っていたのである。
もらってしまったからには試さずにはいられない。

外袋の説明書きには、1時間から1時間半ほどはく、と書いてあった。
はいた瞬間足の甲の部分が少しピリピリしたので、1時間15分はいたあと、ぬるま湯で洗い流す。
このピリピリ感から察するに、やはりピーリングみたいなものなんだろうね。

で、わくわくして待っていたわけですよ。
かかとの角質はたまりやすい方だし、さぞかしベロンベロンと阿鼻叫喚のめくれ具合を堪能できると。
そう信じていたのに。
2日たち3日たち。
先月長時間歩いた時にできた水ぶくれがつぶれて固くなったとこ。
あれはさすがにちょっとめくれましたよ。
めくれたけど、それだけ・・・
あと、かかと近くの地面との接着面(ってあそこなんていうんだろう)がやたらとささくれだったような粉吹いたような状態にはなりましたよ。

足にクリームはよく塗るけれど、あんまりガサガサするので、ふと化粧水をつけてみたらどうだろう、と思いつけると。
きれいになった・・・
ガサつきはおさまった。おさまってしっとり?
で、相変わらず皮はめくれない。
今日で二週間たったけど、変化なし。
たしかにかかとの固さが少しやわらいだ気もするので、それなりにピーリングできた状態なんだろうけど、なんだろ、この肩透かし感。

人生虚無っちゃうよね。
nice!(0)  コメント(0) 

減ったり減ったり [日記]

最近ツイッターなどの簡易投稿アプリ隆盛のせいか、巡回しているブログやサイトの更新回数が減ってきている。
ツイッター、手軽だもんね。
スマフォを使っているなら尚更。
わたしはというと使い始めたころはそれなりにつぶやいていたのだが、ちょっと飽きてきたというのもあってあまりつぶやいていない。
フォローしている人のはちゃんと読んでるけどね。
情報収集とバス待ち・乗車中の暇つぶしにはちょうどいい。

更新回数が減るならまだいいけれど、閉鎖してしまうところもぽつぽつと。
長年(いつから読んでるんだっけ、と調べたら5年前からだった)愛読していた方のブログが3月で終了(こちらは人生の一区切りということで終了)。
最近アンテナで上に上がってこないなぁ、と思って久々にクリックしたサイトは既に閉鎖・・・

どうものぞき趣味があるのか、有名人のブログにはあまり興味がないのだが、普通の人の普通の生活の記録を読むのが好きなのだ。
この人は元気だな、疲れてるな、結婚したのか子どもが生まれたのか、なんて地味に確認したい。
したからってどうなるわけでもないんだけど趣味ですから。
そういう場所が減っていくのはさみしいもんです。

だからわたしと同じような変な趣味の人がここを読んでいたら気の毒なので、わたしはポツポツとテキトーにブログを続けたいと思っております。
引っ越しはするかもしれないけど(so-netブログ、ちょっとばかし使い辛いのだ)。

そういえば!実はアメブロにまったく違う趣向のブログを作っているのだけれど(これは佐藤健フリークのためだけのブログなのでURLは聞かないでくださいな)、内容には一切触れず、「おもしろかったですー」といった内容のコメントが書き込まれている。
多分ボットでゲリラ的に投稿してるんだと思うけど。
リンクに飛ぶとアフィリエイトだったりエロ系だったりホスト!だったりするんだけど、アメブロのそこらへんのいい加減さってどうにかならんものなのか。ぷんすか!



nice!(0)  コメント(2) 

お金を使う方向が違うと思うのだ [日記]

さきほど白ゆき姫殺人事件の感想を打ち込んで、あともう少し、というところでPCが落ちた。
もう書く気がゼロだわ・・・
なので別のことを。

先週大学時代の友人がやっている劇団の公演があった。
主宰の子とも一応友達なのだけど、ここでメイクやら衣装を担当している友人ととっても仲良し(だとわたしは思っている・向こうはどうか知らないが)なのだ。
今回は彼が演者として出るというので見に行った。
・・・彼が出ないときは、最近行ってなかった。
何故なら。
面白くないから。

昔は脚本を書いている人がいたのだけど、ここ数年ほかの劇団員だったり主宰の子が書いている。
これがもう、どうしようもないくらい面白くない。
観客に笑ってほしいのか悲しんでほしいのか見えない、話運びはもたつく、作者の頭の中にできあがっている世界を外に向けて理解させる努力がない。
何が言いたいのかさっぱりわからない内容を熱演(演技はうまい)する様子がやけにむなしい・・・

面白くないものを面白かったよ、なんて嘘はつけない人間なので、足が遠のいていた。
だが友人のためなら行こうではないの、と意を決してでかけたのだが、やはり帰途の歩は重く。
多分わたしが劇のことについて何も触れないこと、彼はどういう意味がわかっているだろうなーあーでも君が一生懸命なのはわかってるんだけどうわー!

完全に自己満足で完結している。
まあ誰に迷惑をかけるわけでもないのでいいんだけどさ。
わたしの小さな胸はちょいちょい痛むのである(そのかわり毒を吐いて憂さ晴らししてるけど)。

物語を書くことは誰でもできるけど、エンドマークをつけるまで書けるのってすごいことだと思う。
その点は偉いとは思うけど、いい加減脚本の才能はないと気付いて誰かに頼めばいいのに。
と、思うのはそれぞれ皆いい歳になっているので稼ぎがそこそこあり、チケットはしっかりした紙のカラー印刷だし、パンフレットだってわら半紙などではない。
のぼりやスタジャンなんかを作る金銭的余裕があるなら、ちゃんとした人にお金を払って脚本を頼めばいいのに。
と心の底から思うのである。
せっかくお芝居そのものは皆うまいんだからさ。

GWは別の友人の劇を見に行く予定。
こちらは毎年支払うお金に見合った世界を見せてくれるので、安心して見ていられるので楽しみ。
ま、アングラですけどね。
nice!(0)  コメント(0) 

土の養生 [土いじり]

土いじりの日。
去年の冬に、ゴーヤや朝顔の枯れ後を処理したあと、土は放ったらかし。
春に向けて(ってもう春だけど)土の養生をせねば、と思い立つ。
今は混ぜると古い土が再生するというリサイクル土があるのでとても便利。
古い根っこなどを取りながら掘り返す。

休日に腐葉土を買うついでに苗も買ってきた。
トマトとバジル、そしてすいか・・・
本当はきゅうりがほしかったのだが、なぜかすべて売り切れ。
今年はきゅうりがキテるのか?
すいかはダンナが植えたいというので買ったが、たぶん育たない気がするー!

DSC_0602.JPG

DSC_0599.JPG

自分はまったくベランダ仕事は手伝わないくせに、こういうときだけあれが欲しいのこれが欲しいのとうるさい。


DSC_0604.JPG

これはもう10年以上うちにいるであろうラベンダー。
花を刈り取らねば。


DSC_0600.JPG

こちらはレモングラス。
葉が冬枯れしてあまりにみっともなかったのでざっくりカット。
もらってきたときから10倍くらいの大きさになったかな。
ハーブティーに重宝してる。

DSC_0598.JPG

コデマリは相変わらず放置。植え替えを去年こそしようと思っていたがそのまま。
肥料もやらないのに、けなげに花をさかせてくれる。


DSC_0595.JPG

これはわかりにくいけど奥がアジサイ、手前がポインセチア(ピンク)。
去年強剪定したので花がつくか心配。
ポインセチアはおととし会社に花屋さんがもってきたもの。
去年春になって葉が一枚もなくなったので同僚がゴミ箱に捨てていたのを救出して我が家へ。
日光調整が適当だったので、ちょっとしょぼめの色づきしかしなかった。
でもこれもけっこう大きくなった。
来年はもう少しきれいに色づくといいなぁ。


DSC_0601.JPG

で、この衝撃の姿はアジアンタム。
これたぶん買ってから20年近い。
買ったときは380円の小さな鉢植で、一年後にこの鉢に植え替えてそのまま。
屋外に放置しているのだが全然枯れないのだ。
冬はさすがに葉が茶色くなるので、春になったことだし全部カット。
盛り上がっているのは根っこだったりする。
もうカチカチで植え替えができないんだよね・・・あはは・・・
これは2週間もすれば青々ときれいに葉がそろうかな?
nice!(0)  コメント(0) 

桜見 [日記]

昨日の会社帰り、ふいに桜が見たくなって鶴舞公園に立ち寄った。
あいにくの曇り空。
でも桜はちょうど満開。

DSC_0589.JPG

公園のほうは青いシートや酔客だらけだけど、こちらは陸上競技場のほう。
観客席にちらほら花見客はいるものの静かなもの。
けっこう穴場なのかも。競技場の外側に桜が半周取り囲んでいるので、かなりいい眺め。
たまにサッカーやラグビーをやっているけれど、ベンチはたいていがら空きなので勝手に使っていいことを知っている人は地元民でも少ないのかも。
勤労会館はすっかり取り壊されて、南方面の景色は一変してしまった。
跡地はどうなるんだろう。

こちらでゆっくり桜を見た後、人ごみの方へ。
平日のまだ5時だというのに、このサラリーマンのおっちゃんたちはなぜビールを飲んでいるのだ・・・
まあこれはこれで人を観察するには楽しい場所なのかも。

DSC_0590.JPG

気が向いて鶴舞の高架下の商店街をぶらぶら。
まあ特筆する店もなく。
でもこんなさびれていそうな感じなのに、ちゃんとお店があるのはすごいことなのかも。
高架下の東側にパンダ食堂という店ができていた。
調べるとどうも3月にできたばかりのよう。
今度行ってみよう。
nice!(0)  コメント(0) 

ラブレース [映画]

1972年製作のポルノ映画、ディープスロートに主演したリンダ・ラブレースの半生を描く。

厳格なカトリックの母親に辟易する日々を送っていたリンダは、バーを経営するチャックと知り合い結婚する。
しかし幸せな生活は長く続かず、チャックは売春などの容疑で逮捕される。
金に困ったチャックは、リンダをポルノ映画に出すことで儲けようとするが。

リンダ役のアマンダ・セイフライドはTIME/タイムで見たときには目ばかりが大きくて、それこそ後頭部をはたいたら眼球が飛び出るのではないか・・・と心配になる容姿ばかりが印象的だったが、今回は生身の女性を生き生きと演じている。
思慮深くはないけれど気立てのいいかわいい女の子だったリンダが何故ポルノスターになったのか。
その背景があらわになるにつれ、同じ女性としてはもう溜息しかでてこない。
正直気分が悪くなったわ・・・
時間の流れの行き来がとてもわかりづらく混乱することを含め、映画の出来としては今ひとつかなぁ。


nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。